« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

こだわり濃厚カップ

『こだわり濃厚カップ』は、セブン-イレブン限定アイスクリーム。
僕が食べたのは、『こだわり濃厚カップ 黒みつバニラ』。お昼休みに複数買い込んで、パートの方と試食。品の良い甘さで、なかなか評判がよかったです。

今年の7月23日~8月1日の期間に行われたセブン-イレブン限定アイスクリーム人気投票において、第2位を獲得したアイスクリーム『こだわり濃厚カップ バニラ』(獲得票数は、48,203票。)という商品がありますが、それにさらに「黒みつ」を加えたものです。
『こだわり濃厚カップ バニラ』は、水を使わないで牛乳をたっぷり使って作ったということ。それに「黒みつ」を足すことで、こくと甘さを堪能できる逸品になっています。
(ちなみに、第1位は56,066票を得て『こだわり濃厚バー アーモンドチョコ』。)

製造しているのは埼玉県にある赤城乳業株式会社。赤城乳業は、知っている人は知っているアイスバー『ガリガリ君』の製造販売をしている会社。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミドル級GP優勝と王座

昨晩、録画してあった PRIDE GRANDPRIX 2005 を仕事から帰ってきてゆっくりと見ました。

ミドル級GP準決勝で、ヴァンダレイ・シウバがヒカルド・アローナに判定負け。
その後、シウバを破ったそのアローナを、1ラウンド2分53秒でKOして優勝したのは、所属するシュートボクセ・アカデミーというジムでシウバの後輩になるマウリシオ・ショーグン。

「ショーグンというのは、何ともすごいリングネームだなぁ。名前負けしてないかなぁ」と思っていた人が優勝でした。

ところで僕は、格闘技を見るのが好きなのですが、選手やルールに詳しいわけではありません。
で、スポニチの記事でよくわからない記述が…

世代交代の荒波が押し寄せる中、シウバは同GPを制覇した同門のマウリシオ・ショーグン(23=ブラジル)とPRIDEミドル級王座を懸けて大みそかに激突する可能性が出てきた。

"PRIDEミドル級王座を懸けて" って…PRIDEミドル級GPの優勝者とPRIDEミドル級王座というのは違うものなの? シウバは、ミドル級GPでは優勝できなかったけど、依然ミドル級王者であるということか? よくわからん。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

hyphen

アクセス解析を見ていると、ときどき「ハイフン ハイホン 正しい」という組み合わせでうちのココログを見つけている方がおられます。

これ、たぶん "-" (hyphen) のことですよね?  "hyphen" の読み方を探しておられるのでしょうか? 

検索エンジンのExciteで公開されている新英和中辞典 第6版 (研究社)では、ハイフンって書かれてますが…いかがでしょう。発音も聞けます。

該当ページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サボテンに頭突き

サボテンには棘がいっぱい生えています。ワーナーやディズニーなどの海外アニメでは、サボテンに突っ込んで棘だらけになって飛び上がるキャラクタがよく描かれます。

そんなサボテンに頭をぶつけたことがありますか? 僕は昨日、初めて経験しました。机の上に置いてある観賞用の小さなサボテンだけど。

机の裏側にあるコンセントを使いたくて裏をのぞこうとして頭を下げたら、ちょうど机の端の方に置かれていたサボテンに額が直撃。他人の机だし、サボテンを置いていることも知っていたけど、そのときは全然意識に入っていませんでした。

意識から消えているものに突然ぶつかったら、涙が出るくらい痛いですよね。たとえば、キッチンで頭の高さにある戸棚の扉を開けていて、うっかり頭を上げたときとか。
サボテンにうっかり頭をぶつけても、それはそれは激しく痛いです。ぶつかるといっても、サボテンの場合は刺がささる痛さですが、さらにもう1つ痛みがあります。

海外アニメには嘘はないことがわかりました。
そういうアニメって、サボテンに突っ込んだら棘が抜けて、身体中に刺さっていますよね。あれは本当にそうなります。痛さで慌てて顔をあげて額をさすってみると、ちくちくとイヤな痛みが。観賞用の小さいサボテンでも、小さな棘が額に刺さったままになっているんです。

反射的に頭をひいたので、あまり深くは刺さっていなかったようです。ちょっとこすったらすぐに痛みはなくなりましたから。指先に何かの棘が刺さった感じと同じで、一本々抜かないといけないなんてことになったら悲惨でした。

皆さん、サボテンには突っ込まないようにお気を付けてください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

優しい心、広がれ

恋人同士が仲良くしているのを1人でいるときに見て、「いいなぁ」って憧れたことがあります。そして、恋人がもしできたら自分もあんな風にお相手を大事にしたいなぁとか、あんな感じの関係になりたいなぁとか思ったりしたことがあります。

誰かが誰かに接する姿を見てそのように人に接したいという気持ちになったことがあるから、恋人同士でなくても親子でも兄弟でも友人でも、自分の周りにいる人に同じように接していきたいなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1つになろう

「頑な(かたくな)」というのは、意地を張って考えとか態度を変えようとしないこと。意地というのは自分の考えのことで、意地を張るというのは自分の考えをあくまで通そうとすること。

これは譲れないという考えや好みなどがあるのはそれはそれでいいけど、自分の考えを変えようとしない人は、自分のことだけを考えている度合いが多いと言える気が僕にはします。だって考えを少し変えてそこに相手を受け入れようとしないわけですし。

手元にある大辞林で「愛」という言葉をひいてみました。

(1)対象をかけがえのないものと認め、それに引き付けられる心の動き。また、その気持ちの表れ。
ア)相手をいつくしむ心。相手のために良かれと願う心。
イ)異性に対して抱く思慕の情。恋。
ウ)何事にもまして、大切にしたいと思う気持ち。

という説明が載っていました。
愛することには、自分の好みや考えを変えないでおくという意味は入っていません。これは辞書の話ですが、実際に考えても人を愛するということはそういうことなんだろうなと思います。

1組の男女が愛を誓う場にお招きいただきました。
女性の方には、もし一緒に暮らすならこれだけは譲れないという条件が昔からあったそうですが、彼との暮らしでは彼女の条件は満たされないそうです。それでも彼女は彼の求めに応じ、彼に決めました。

彼女の条件が満たされる日が来るのか来ないのか、それともそんな条件はどこかへ行ってしまうのか。そんなことは誰にもわかりませんが、2人の姿を見ていると、頑なな心は愛し合うことには大きな障害になるのだなという気がしました。

全ての人の心が1つとなり、皆さんに幸が多くありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またそういう映し方をして!

宮城県登米市の警察官刺傷事件を起こした中学3年の部屋がテレビで映されていました。で、彼の部屋をぐるっと映すときに、テレビカメラが動きを止めてズームアップしたのが漫画本・ゲーム機・壁に貼られていたアニメの女の子キャラのポスター。

これは未成年が事件を起こしたときによく見かける報道のやり方。それらをアップで映すことに何の意味があるのか。その映像を見た人たちが、そこに勝手に自分で意味づけする可能性が高くなるだけじゃないのかなぁ。

あんなものに興味をもってるからだいそれた事件を起こすのかもねとか何とか。

こうした漫画やゲームなどを意味ありげにカメラで映してみせるやり方は、性犯罪を起こした男性の部屋を映すときにもよく行われます。全く関係ないとも思わないけど、ニュースとして流すために映さなければならないとも僕には思えません。

映像を見ている人に何かを訴える意図でそれらを映しているなら、何を訴えているのかわかるように番組を構成しないと主張になりません。
それとも、主張は特に無くて、意味ありげに見せることで、映像を見た人の印象に何らかの影響を与えようというねらいがあるのでしょうか。もしそうなら、それは映像による意識の操作だといえます。

漫画を見たり、テレビゲームにこうじる人は変な人だという印象をもたせられてしまっていませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポッキー 小麦胚芽ブレンド

『ポッキー 小麦胚芽ブレンド』は、小麦胚芽が練り込まれた新製品。お昼を買いに出るときに、「ポッキーがあったら買ってきてくれますか」と頼まれて、どうせなら最新の味をと買ってきたもの。

職場では、僕がチョコレート好きだと周囲が皆知っているので、美味しそうなチョコレート菓子を見つけてくることに関してはちょっとした信頼をいただいている。…と自分では思っているのだけど…いっしょに買ってきた『パイの実』の受けもよかったし、たんぶんそう思っていていいと思う。

グリコのサイトでポッキーのページを見てみると、小麦胚芽ブレンド以外に『メンズポッキー ベネズエラ産カカオ豆ブレンド』という新製品も出てます。カカオの苦みを楽しむ大人の味。

しかし、なんで "メンズ" なんだろう? 女性だってカカオの苦みが好きな人はたくさんいるだろうに。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

パイの実 焼きプリンパイ

『パイの実』はロッテから発売されているチョコ菓子。「焼きプリンパイ」は期間限定のお味。8月23日に発売されたばかり。
お昼休みに昼食を買いに行ったコンビニで期間限定の文字に惹かれて買ってしまった。
カラメルの香ばしい風味は、まさに焼きプリン。嘘偽りのないお味です。つまんで口に放り込むのにちょうどよい大きさ。お仕事中だとちょっと指がよごれるけど、休憩時間に楽しむということで、僕としてはOK。

ロッテのサイトを見ると、『パイの実』は発売されて25年たっているのだとか。最初の発売は1979年。
サイトにあるパッケージデザインの由来にはちょっとじんときてしまった。

地域限定の「おおきなパイの実」というシリーズがあるのも初めて知りました。
・大きなパイの実 宇治抹茶 関西限定
・大きなパイの実 バナナカスタード 東京圏限定
・大きなパイの実 信州リンゴ 信州限定
・大きなパイの実 みかん 東海地区限定
の4種類。高速道路・レール売店・観光地売店で扱っているよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コペルニクス的転換って

「(少子化対策は)コペルニクス的転換をしなければならない」 細田博之官房長官(23日に開かれた男女共同参画推進連携会議に出席、小泉首相のガリレオ発言をなぞる形で述べて)
出典:日経産業新聞 2005年8月24日

「コペルニクス的転換」という表現を聞いたことがない人はあまりいないと思いますが、これって誰が最初に言ったり、書いたりしたとかってあるんでしょうか。
たとえば、ガリレオがその著書のなかで使っていて、それが文字としてコペルニクス的転換という表現が使われた最初の例だとされているとか何とか。

英語だと、"Copernican change" とか、"Copernican Revolution" とかいう記述をするコペルニクス的転換。どういう意味なのかってわかりやすく説明できます? 

なんか今までと思っていたことが全く逆になってしまうことというぐらいに考えていたのですが、それだと考え方が180度変わったというだけで、コペルニクス的転換とまでは言わないと思います。
娘さんに向かって「どんな理由でも外泊はだめ」って言い続けていたお父さんが、「別に外泊もしてもいいよ」って言い出したからといって、コペルニクス的転換が起きたとは言いませんもんね。

はて難しや。

コペルニクス的転換をわかりやすく説明するには、コペルニクス的転換が起きないと僕には無理のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ホテルを使う基本

とある旅行サイトで予約を取ろうとして、ホテルに対する宿泊者のコメントを読むことができるようになっていたので読んでみました。そこで見かけたコメントに個人的にちょと言いたくなりました。

そのコメントでは、「部屋に戻ってくると空き缶が置かれたままだった。空なのに、ゴミ箱に入れていなければ捨てないという考えか」といった意味のことが。

これ、僕としては、このコメントを書いた人がホテルというものをよくわかっていないと言いたい。ホテルを利用する人はホテルとコミュニケーションを取るのが基本というのが僕の考え方。コミュニケーションというのは、お客としてホテル側に望むサービスを明確に伝えることが必要という意味。

たとえば、捨てたい物があるのなら、それがわかるようにしておくのが、ホテルとのコミュニケーションの基本ということ。
上記の場合は、空き缶をゴミ箱に入れていないのに、そのままになっていたことを気にするお客側が悪い。何らかの意図があって、お客が空き缶をわざと置いてある可能性はゼロではないから。たとえ空き缶であっても、ゴミ箱に入っていないものを捨てないのは、僕からすればホテルとしては当然の行い。
(だからこそ、チップは枕の下にいれるわけだから。枕の下にお金を忘れる人なんてまずいないわけで、それが枕の下にあるということは、これはチップだから持っていっていいよと明確に伝えているわけでしょ。)

こんなことを書くと、「じゃ○○の場合はどうよ? それでも捨てないで置いておくの?」などと変な物を例えにあげる人がいるかもしれないけど、そんなことを言いたくなること自体がホテルを使う基本がわかっていない証拠だと僕は言いたい。

よいサービスには、それを提供する側と受ける側との意志の疎通が欠かせないと僕は考えます。部屋を出るときには、捨てたい物はお客がゴミ箱へ入れておく。そうすることで、清掃にきてくれた人は、部屋にある物について捨てるか・置いておくかの判断に時間を取られず、その分その人がなすべきことにもっと集中できます。また、そうしておいた方が、お客としても捨てたい物が捨てられている状態を得ることができて快適でいられます。

もちろんプロとして、察することも必要になるのは事実。ときには、お客様の気持ちや状況を察してサービスを提供することが求められます。
でも、心地よい滞在を楽しみたければ、察するように相手にだけ望まず、自分のニーズがちゃんと伝わるようにするのもホテルの上手な使い方の基本だと僕は思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

優勝は優勝だろうが!

これは違うだろ。

全国高校野球選手権大会で2連覇を達成した駒大苫小牧高(南北海道)の野球部長が暴力をふるっていた問題について、日本高野連と同大会本部は23日、優勝の取り扱いについて、正式な報告書を待って審議委員会を開くと発表した。
(8月23日 共同通信)

生徒が起こした不祥事ならわかる。あるいは、野球部長が生徒ではない人に対して暴力をふるっていたというならまだしもと思う。
けど、野球部長が生徒を殴ってそれが暴力だというなら、生徒は被害者だろうが。だから、優勝した事実についてうんぬん言うのは違うと思うぞ。

田名部和裕参事は「前代未聞で初めてのこと。事実関係を正確に把握していないので、処分はできない。生徒が起こした明徳義塾(高知)のときと、部長では事件の質が違うが、だからといっていいわけではない」と話した。
(同上)

その通りだよ。質が違うよ。だからといって何もおとがめ無しというわけにもいかんという気もする。でも、優勝をどうこういうのは、質が違うんだから焦点が違うだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

恐れず殴れ!そして、蹴れ!

全国高校野球選手権大会で優勝した駒大苫小牧高校の野球部長がふるったという暴力の件が、ずいぶんとニュースで取り上げられています。

親側の言い分と学校の言い分に違い(親は「ゲンコツで30発」と言い、学校は「平手で3,4発」とか)があったりして何が本当なのかは無関係な者にはわかりません。

でも、個人的には県や全国でスポーツで1,2位を争おうかという学校では、気の抜けた態度を見せたら、殴ったり蹴ったりするのはいいんじゃないかと思っています。ただし、度合いのかげんが必要です。骨が折れたり、傷跡が一生残るというようなことになるとそれはやりすぎだと思います。

そういうのでなければ、しゃんとして欲しいという願いを込めて厳しい親心でばんばん、がんがん、じゃんじゃん教え子をぶん殴って、蹴っていいと僕は思います。
僕は中学校のころ陸上競技をやっていました。ぜんぜん強くない学校でしたが、だからこそでしょうけど、先生は"根性棒"と呼んでいた木刀で、練習に気を抜いている部員を見かけると、「根性入れたる。尻をこっちへ向けろ」と怒鳴って"根性棒"で部員の尻を叩いていました。当然僕も叩かれました。一度だけど、僕は尻に回し蹴りをくらったこともありました。
女子だって"根性棒"で尻を叩かれてました。ただし、当時見ていた感じでは多少男子の時よりも力を緩めていたようでしたが。もちろん、男子にも女子にも叩かれてケガをしたという奴はいません。痛かったのは痛かったけど、先生はちゃんと加減を知っていたのだと思います。

棒で叩かれたり、蹴られたりするのはイヤでしたが、文句を言えないのはそうなったときは明らかに自分の気が抜けていたときだったから。ちょっとさぼったり、集中してなかったりして。先生は僕らのそういう態度をよく見ていたと思います。

家に帰って先生に殴られたいう話をしても「なんか気の抜けたことしたんか?」って言われるだけで、たしかに気の抜けたことをしたのは僕だし、両親も「お前が悪いんじゃ」という感じでした。

今時そんなことしたら、暴力教師とか言われてしまうのでしょうね。
体罰だといわれる事件のニュースを聞いていると、指導者が加減を知らない場合があるようです。体罰が問題視される背景には、そういう加減をしらない指導者と、ちょっと叩かれたら神経質に大騒ぎして大問題にしてしまう生徒と親がいる場合がある気がします。

指導者は叩く加減を知り、そのうえで気の抜けた態度をとる教え子を恐れず殴る、蹴るして欲しいと思います。そして、ちょっと叩いたぐらいで、周囲は問題視するのはやめて欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

黒龍38号

黒龍38号という日本酒をいただきました。僕はビールが好きで、ビール以外のお酒はあまりよくわからないのですが、これはおいしかったです。

日本酒としてのどういう評価を受けているお酒なのか全然知りませんが、僕の口には甘くておいしかったです。辛口といわれるお酒を飲むと、僕はノドの奥がひりひりするのですが、これはそんなことがなかったです。
さらっとして飲みやすいお酒だなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

"本当の"アナキン

1983年に公開された『スター・ウォーズ ジェダイの復讐(Return of the Jedi )』(これが「エピソード6」になるのかな? 最近では"ジェダイの帰還"と日本語タイトルが変わっているのは、知っている人なら知っている話。)

『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』が公開前に、振り返りの意味も込めてテレビでエピソード4から放映してましたね。
それを見る機会があったのですが、『ジェダイの復讐』のラストでは、フォースに帰ってきてダースベーダーではなくなったアナキンが、ヘイデン・クリステンセンに差し代わっているんですね。知らなかったなぁ~

で、フォースに帰ってきたアナキンの役としてもともと出演していた人は、Sebastian Shaw (セバスチャン・ショウ)という俳優さん。
まぁ、セバスチャンさんがアナキンとして出ている方も市場には発売されているので、"本当の"アナキンを見たい人はそれを見てください。

僕は、"本当の"アナキン出演版を劇場で見た世代。
"本当の"アナキンをまだ見たことない人は、ヘイデン君のイメージを全く消し去って見ること。そのままのイメージで見ちゃうと幻滅すると思う。いやまぁね、誰だって年をとるんだしね。恰幅もよくなれば、頭も薄くなりますわね。

『シスの復讐』と内容を合わせる意味とはいえ、'83年の公開以来この22年間、"フォースに帰ってきたアナキン"といえば、彼だったのだから、デビュー間もない若手の俳優と入れ替わってしまったのは、なんだか悲しい。

セバスチャン・ショウさんにはがんばって欲しいなぁ。彼について詳しく知っているわけではないけど、判官贔屓というやつだね。誰がなんといっても、僕のなかではあなたが本当のアナキンですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

某マットレスと夏

テレビ通販でよく見ていた某マットレスを、昨年の4月に初めて購入しました。
この夏、友人が泊まりにきた翌日に背中が痛いというので、2日目にそのマットを使わせてあげたら、翌朝にいわく「背中が痛いのが無くなっていいのだけど、背中が暑い。たぶん、布団と違ってマットが汗を吸わないからじゃないかな」とのこと。

去年の夏には、僕は気にはならなかったのですが。
僕が購入した某マットレスは、適度な柔らかさで背中は痛くならないけど、夏は暑いのかしら? 布団の上にマットをおいていたからか? 逆にすれば暑くはないのか? でもそれじゃ意味がないのでは?

お買いになった皆さんは、夏に使ってみてどう感じられましたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美しき夏休みをありがとう

夏休み終了。なかなか楽しい休暇でした。気分は "Beautiful Summer Holiday" 。
遠出もしたし、美味しい食事もしたし、楽しいお酒も飲んだし、お買い物もしたし、大切な人と嬉しい時間を過ごせたし、ごろごろもしたしで、こんなに爽快、快適、充実および堪能した夏休みは初めてじゃないだろか。

十分鋭気を養った後は、がんばって仕事をしよう! そして、また楽しく遊ぶ。それでまた一生懸命仕事して、そしてまた楽しく過ごす。そしてまたまた…緊張と緩和。これ人生の極意なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み!!

夏休みだぁ!! たっぷり取ってしまった夏休み。帰ってくるのは18日。それまで、ちょいと姿を消します。みなさんもお元気で。体調と事故には気を付けてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総選挙での無所属は大変

郵政民営化の否決~衆院解散の流れによって総選挙が行われることになりました。ところで、総選挙での無所属と公認というのでは、やれることがぜんぜん違ってくるんですね。

たとえば、無所属で出馬するとポスターが有りません。公認の場合はポスターがあります。あるいは、無所属の立候補者はトランジスタメガホンを使えないそうですが、公認を受けていると使用することができるそうです。
さらに、無所属の立候補者は、政見放送を行うことができません。立候補者の考えを訴えることができる方法の1つとして政見放送があると思うのですが、それができないとなると、私たち国民は無所属の立候補者の話を聞くには、彼らに直接接する場へ出かけていくしかありません。

なんだか無所属の立候補者をいじめ、国民に対しては無所属の候補者との接点を少なくさせるようにしていると僕には思えてしまうのですが…
こうした内容は、公職選挙法で規定されているわけですが、いったい何の意味があって無所属と公認でこういう差を設けているのか僕にはわかりません。詳しい方がおられたら教えていただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナッティバーチョコレート

札幌にあるチョコレートメーカー株式会社ロイズコンフェクト、通称ロイズのチョコをいただきました。商品名が『ナッティバーチョコレート』というもの。

箱に入っていた説明によると、

アーモンド、ペカン、カシュー、マカダミアの4種類のナッツと、アーモンドパフ、クッキークランチをヘーゼルナッツのペーストを練り込んだミルクチョコレートに詰めました。

というナッツづくしのチョコレート。
読んだだけではピンと来ないでしょうけど、食べたらわかるそのお味って感じです。ナッティバーという呼び名に偽りはありません。

サクッというかザクッというかそういう噛みごたえがクセになるチョコレート。ナッツの味とチョコの甘さのバランスも僕は好きです。
また、甘さがきついチョコレートを食べた後は、僕はノドがちょっとひりひりするときがあるのですが、そんなこともなくほどよい甘さでした。

食べるときのことも考えられています。
ナッティバーというぐらいで10cmぐらいのバータイプのチョコですが、1本ずつ個別に紙で巻かれて箱に入っていて、その紙を真ん中あたりでぐるっと半分はがすことができるようになっています。
つまり、残った半分側をもって指を汚さずに食べることができる。こんな配慮があるのは嬉しいです。

サイトから注文もできます。注文は1箱でも受け付けてくれるそうです。オンラインショップ限定の品もあるとか。カタログも請求すれば無料で下さるそうです。詰め合わせもあるので、ご贈答にも使えるかも。
(直営店があるのは北海道だけですから、リアルショップで買い物をするには北海道に行かないとだめです。)
電話やFAXでも注文できるそうです。全ての商品が工場直送なんだとか。詳しくはサイトを見て下さい。

個人的に残念なのは、チョコレートコーティングのポテトチップスを見つけられなかったこと。たしか日本では、ロイズが出していたはず。僕の探し方が悪かったかな? あるいは、無くなっちゃったか?

それから、驚いたのはソープやシャンプー、ハンドクリームなんてのも作ってます。R, CACAO(アールズカカオ)というラインナップがそれ。カカオバターの保湿力で唇を守るリップなんてのもある。
甘く美味しく、そして美しく。ロイズの商品を女性の皆様いかがですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごねる人を損にしよう

ごねた人の言い分が通るのは間違っていると思っているミッ君です。

交通事故を起こしたら「すみません」って謝ってはいけないという主張をしている人を見ました。今時まだそんなことをまじめな顔で言う人がいるんだとびっくりです。自分に非があったなら、それを認めて謝らないといけないでしょうが。

同じ人がちょっと失礼な発言をしたので、そのことを指摘してちゃんと謝って欲しいって言ったら、急に居直ってきて「はいはい。私が悪うございました。いったいなんて謝ればよろしいのでございましょうか。ゴ・メ・ン・ナ・サ・イ」とさらに失礼な態度で返してきたので、あきれて「もういいよ」って言ったことがあります。

前にも少しふれた覚えがありますが、心理学の世界で『嫌悪刺激による嫌悪コントロール』と呼ばれるものがあるそうです。
たとえば、泣いたりわめいたりといった他者が困ったり、イヤな気分になることを繰り返す人がいたとすると、そういううっとうしい目には遭いたくないと感じた周囲の人が、その人が機嫌を損ねないように物事を進めだし、その人のいいように物事がなっていく。そういうのを『嫌悪刺激による嫌悪コントロール』というそうです。

意志的か無意識かは別として、『嫌悪刺激による嫌悪コントロール』を使う人は世の中にけっこういます。ごねたり、わめいたりする人の言い分が通りやすいという状態が僕は嫌いなので、そういうことをする人に出会うとまず間違いなく僕は衝突を起こします。

商売においてもそういう人を見ると、いやな気分になります。
たとえば、安くして欲しいと店員さんと掛け合って値切る人。店員の時間をそれだけ多く取っているのに、その方が安くなるというのは理不尽な話です。コストという観点で考えれば、値切ってきて時間をとればとるほど、売値は高くなるべきです。
逆に、いわゆる指し値で即決して買ってくれる人に対しては、一番よい値引率を提示するべきだと僕は思います。

ごねたり、正当な理由もなくただ粘ってくる人は損な思いをし、効率の良い意志決定に対して力を貸してくれることになった人が得な思いをする。そういう世の中になって欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

61法案が廃案

昨日から今日にかけて、ブログなどインターネット上に存在する多くの場で話題になっているであろう郵政法案の参院での否決と衆院解散。そして、9月11日の総選挙。

TVニュースなどを見ていると、郵政民営化の行方に話題が集中してしまって、その他に提出されていた法案への関心が政治家と国民ともに薄れてしまったような気が僕にはします。

郵政民営化を含めて国会で審議中だった法案のいくつかが衆院解散に伴って廃案となりました。
詳しくは新聞に載っている話なので、僕が関心があったものについては、こんな法案が、このときに廃案になったのだという記録として書き留めておきたいと思います。

■郵政民営化関連六法以外で、今回の国会で審議中だった法案の数は次の通り。
(以下、2005年8月9日 日本経済新聞より抜粋)
・内閣提出法案15本
・議員提出法案46本 計61法案

うち、僕が関心があったのは以下の法案。
■風俗営業法改正案
性風俗の店などの違法行為の罰則強化
■少年法改正案
14歳未満の少年への対応強化(少年院への送致を可能にする)
■障害者自立支援法案
サービスの利用料の一割を、障害者に自己負担を求める。
■政治資金規正法改正案
政治団体の間での献金の上限を規制
■刑法・組織犯罪処罰法等改正案
犯罪が実行されなくても、共謀に加わっただけでも処罰を可能とする「共謀罪」の新設


障害者自立支援法案は、自己負担を引き上げる話なので、法案の呼び名の聞こえはいいですが、場合によっては支援どころではなくなる話です。一割自己負担を重く感じていた人たちにとっては、とりあえずの廃案ですが、また再提出されれば同じことです。
障害者の負担を引き上げることを考えるなら、その前にもっと削るところがあるだろうと言いたくなるのは普通の感情だと僕は思っています。

また、政治資金規正法改正案が廃案になったことで、政治とお金の絡みによる問題の一部が先送りになったといえます。

廃案とはいっても、このまま無くなるという意味ではないし、再提出される法案も当然あるはずですが、とはいっても一度白紙になったものをまた引き出してくるというのは、政治に限らずビジネスでも何でもエネルギーが必要で難しいものです。

廃案になった法案のうちいくつが再提出され、いくつが決まり、あるいは決まらないのか。9月11の選挙に向かっては、衆院でも参院でも各議員の皆さんには廃案となった法案をどうするのかという話も忘れないで欲しいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水族館へ行きたい

こんにちは、暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。
エプソン品川アクアスタジアムは、しながわ水族館がリニューアルしてできたものだと思いこんでいたミッ君です。

暑い日が続く特に水族館へ行きたくなるんです。動物園よりは水族館!です。幼少のころから水族館が好きで、大人になってからもよく出かけていきます。
今まで行ったなかでは、横浜・八景島シーパラダイスにあるアクアミュージアムや、新江ノ島水族館がなかなか面白かったです。
アクアミュージアムにある「ドルフィンファンタジー」は、バンドウイルカとカマイルカ、シロイルカの泳ぐ姿をガラス越しに間近に見ることができてすてきです。オープンしたのが昨年の7月。まだまだ新しくてきれいでした。
こちらの施設では、ドルフィンウェディングと名付けられた結婚式も受け付けてくれます。イルカたちが泳ぎまわる水槽の前で永遠の愛の誓いなんてロマンチックだなぁと思います。
ちなみに、ここでの挙式第1号は、本年2005年7月1日に富良野市の公務員である新郎と会社員の新婦によって行われたものなんだそうです。

でも、僕のお勧めは、新江ノ島水族館の『クラゲファンタジーホール』。
ここのクラゲはとにかくよく動く。それが面白いです。少し照明を落とした青い水槽のなかでクラゲが泳ぐ姿を見ていると瞑想的な気分にもなれます。新江ノ島水族館の『クラゲファンタジーホール』。ぜひ行ってみてください。

実は、ドルフィンウェディングにちょっとあこがれているミッ君でした。

(ポッドキャスティングに少し関心をもっています。今回の記事は、いかにもなラジオっぽい感じにしてみました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にんにくスパゲティ

ちょっと前の記事で、湯河原にあるベーカリー「ブレッド&サーカス」のブログを紹介しました。そのブログに載っていたレシピから「にんにくスパゲティ」を作ってみました。

なかなかいけます。
僕らはバジルが好きなので、オレガノは量を抑えてスウィートバジルをたっぷり入れたのがよかった。タカノツメは1本。切らずに入れたのでそれほど辛くなく、ちょっと辛みがきいていて、辛すぎる味が苦手な僕でも楽しめる辛みにできました。

パスタの前には7月の連休のときに買い込んできたワインもあけて乾杯。
ワインといっしょに楽しむオードブルも欲しいなと買ってきたPECKのお総菜がまた大正解。アボガドのサラダがお勧め。

食べ始めてみたら、うっかりパンを買ってこなかったことをちょっと悔やむ。「にんにくスパゲティ」のトマトソースを、表面がちょっと固くてなかがふわっとしたパンですくって食べたら最高だと思う。

美味しいワインとパスタで楽しむ自宅ディナー。おすましして出かけるディナーもいいけど、こういうディナーも嬉しく美味しく楽しい。
"ワインとパスタで" というのが僕としては大切。楽しむのはあくまでディナーの時間。ワインとパスタはそのための小道具ですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界初のおばけ探知機

新聞を整理していて、NIKKEIプラス1(2005年7月30日)に載ってた記事で見ました。
ソリッドアライアンスという会社が発売しているゴーストレーダーがそれ。

PCに接続してUSBメモリーとしても使える。メモリの容量は128MB・256MB・512MBの3種類。USBメモリを備えていないゴーストレーダーもあるそうです。

サイトの説明によると、

超常現象が起こる際に発生するといわれている微弱な磁界の変化と、身体的な変化を特殊なセンサーで検出し、おばけ(=未知のエネルギー体)を検出するものです。 検出精度を高めるために、本体にバイオクロックを内蔵し、超常現象が多発するといわれている丑三つ時、新月・満月等の時間的要素も判定基準に組み込んでいます。

なんだとか。

さらに、

おばけが検知された際は、音と16個のLED点滅パターンで出現を知らせます。 先端には磁界センサーとしてお守り玉が取り付けられています。 より正確な検出のため、深夜0時に電池を入れてスタートさせてください。
だって。

深夜の1人残業にいかがでしょう? なんて…いらんわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

"怖い"のは勘弁

子供たちや学生さんはもう夏休み全開。で、うちの会社は、来週末から夏休み。もう周囲では夏の話題ばっかり。家族で、恋人同士で、はたまた友人たちとどこそこへ行くとか、何を見に行くとか。

この季節になると、世の中で僕が嫌いなものベスト5に入るアイツらが、そんな会話の中やテレビ、雑誌その他のあらゆるメディアで露出度をあげ、エネルギー全開で当然のように迫ってくる。

アイツらというのは、ホラー映画と絶叫マシン。

どうにも苦手。正直怖いのよ。ホラー映画なんて自らすすんで見に行ったことなんてないし、絶叫マシンも好きこのんで乗ったことはない。
(昔遊びに行った米ディズニーランドで、スペースマウンテンに知らないで乗ったときは涙が出てしまった。日本のでも乗ったことがある人が言ってたけど、日本のよりGがある気がするって…安全基準の違いか?)

ホラー映画のダメなところは、夜中にテレビを何気なく見ていると突然CMを放映すること。あれはやめて欲しい。チャンネルを変えようとして、リモコンに手を伸ばすまでの間に見たくないシーンを見てしまったりするから。

この間なんか、ソファーに寝ころんでいたら「着信アリ」のCMが始まった。リモコンをテーブルの上に置いてあったからとっさにチャンネルを変えることもできない。CMが終わるまで、ソファーの上でそのまま天井を見上げてました。それでもイヤな音は聞こえてくるんだよなぁ。それだけでも気持ち悪いのに。

絶叫マシンなんて、なんであんな危なげな乗り物にわざわざ乗るんだ? ぐるっと回転しなくてもいいだろうが! 普通のジェットコースターでもあまり気持ちのいいものではないのに。

それでも男かぁ!って言われても、それでホラー映画や絶叫マシンを体験しなくてすむならそれでいいです。どうしてもというなら、そばに座って手を握っていてくれたなら、なんとか最後までいけるような気がするけど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブレッド&サーカス

神奈川県は湯河原にあるすてきなベーカリー「ブレッド&サーカス」。うちのブログのアクセス解析の検索キーワードを見ていると、ときどきうちの記事が検索エンジンで見つかっているようです。でも大したことは書いてないんですよね。記事の中でちょっとふれているだけ。

なもんで、情報を探している方にすまない気持ちと、すてきなベーカリーとして紹介したいという気持ちもあって、少しだけ情報を載せておきます。前の記事のあと、実は何度か訪れてパンを購入しています。落ち着いた店内の雰囲気もお気に入りです。

Webページは、ここ。さらに、Webページからもたどれますが、ブログも開設しておられます。
Webページの方は商品紹介が主で、ブログの方は、パンが残った後の美味しい食べ方とか、その他の料理のレシピが載っています。どれもすてきに美味しそう。

さっきGoogleで ブレッド&サーカス と打ってみたら、Webページは1番目に、ブログは2番目に表示されました。

そういえば、パスタのレシピに挑戦してみようと思ったのにそのままになってた…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

泣くのは自然なこと

「男なら泣くな」という主張をする人がいます。泣くということ自体については、僕はそういう価値観をもっていません。人前で泣くことは恥ずかしいと感じる気持ちは僕にもあります。ですが、性別によって泣くことの是非を決める考え方はもっていませんし、他の男性が泣く姿をそういう考え方で見たことは基本的にはありません。人間が泣くことは自然なことだと思っているからです。

問題なのは、なぜ泣いているのかという理由だと僕は思っています。ですから、泣いている理由によっては、他の男性が泣いているのを見て、男のくせにそんなことで泣くなと感じるときが僕にもあります。
とはいっても、泣いている男性に向かって、男ならそんな理由で泣くなという主張をしたことはありません。それは僕の価値観でしかないと思っているから。
泣いている本人にとっては、耐えきれずに泣いているわけですから、それをつかまえて性別が男であるということで泣くなと言うのは酷なことのような気がします。

自分だったらそんなことでは泣かないと心に思うだけで十分で、泣いている人にそれを主張する必要性が僕にはありません。

僕はそのように思うのですが、世の中には自分で思うだけでなく、他人に対しても「男なら泣くな」と主張する人が老若男女を問わずたくさんいます。
男性が泣くことは恥ずかしい、男性なら簡単に泣いて欲しくないと感じることはその人の自由です。泣いている男性を見て、その姿に怒りを感じたり、情けなくなったりするのも感じる人の自由です。
同時に、何によって悲しみを感じるか、何によって涙を流すかは泣いている人の心が決める自由です。ある男性が泣いているのを見て、そのことが気になり、性別が男であるということだけで泣くことの是非を泣いている本人に向かって主張するのは、自分の価値観をその人に押しつけているだけで、冷たい行為ではないかと僕は感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »