« ネコソギラジカル | トップページ | 見えない人影 »

禁涙境事件

「禁涙境事件」(上遠野浩平 講談社ノベルス)を読了。

「ブギーポップは笑わない」(電撃文庫)のシリーズで知る人ぞ知る上遠野浩平 作 <事件シリーズ>最新刊。魔法が日常的なファンタージ世界の物語でありながら、殺人(人じゃないものも殺されたけど…)が起き、犯人が指摘される推理小説的謎解きも楽しめる二重においしい作品。

複数のお話が関係しあって最後につながり、全貌が見える展開がとてもおもしろかったです。このシリーズ、もっと頻繁に出して欲しいです。

■わかる人にだけわかる話
エドワース・シーズワークス・マークウィッスル(ED “エド”)の過去が語られます。僕のお気に入りキャラクタである“風の騎士”ヒースロゥ・クリストフ(ヒース・クリフ)少佐の活躍が少ないのがちょっと残念。

|

« ネコソギラジカル | トップページ | 見えない人影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 禁涙境事件:

« ネコソギラジカル | トップページ | 見えない人影 »