« 書くエネルギー | トップページ | あなたの知らない世界 »

祝 料理教室卒業!

今までここでふれたことがなかったのですが、料理教室に1年間通っていました。1年といっても月1回の全12回ですけれど。

それで、この度めでたく卒業。

料理教室に通っていたからといって料理が好きということではありません。むしろ料理をするのはあまり好きではないです。

でも、料理が何にもできないというのも一人暮らしだし問題かなという思いや、少しできるようになったらちょっとは好きになるかなという思いがありました。
それに、顔を横に向けていてもタマネギやキャベツを軽やかにきざめる人に少し憧れもありまして…

だけど1年通ってみて、「やっぱり、俺は料理をするのは好きではないんだ」ということをあらためて感じました。

百貨店などで料理器具や食器を見るのは好きです。
こじゃれたガラスの容器とかきれいな色をしたフォーローのパンとかを見ていると楽しいです。
でも実際にそれらを購入したことはありません。どうせ使わないだろうと思うから。

好きではないですが、それなりに楽しい時間を過ごせたので、つまらない1年ではなかったです。
講師の説明を聞いたあとは、3,4人一組で実習をします。その日に初めて会った人たちでも、協力して何かを作っていく過程で仲間のような一体感を感じることができました。

料理が趣味というのではなく、料理教室に通うのが趣味という有り様でしたが、少しは料理をするときの勘所がわかったような気が致します。

まだまだ未熟な僕の手料理は、恋人と呼べる人にだけ振る舞おうと思っております。
僕の手料理を食べてみたいという若干の興味と多大な勇気、並びに深いボランティア精神をお持ちの独身成人女性の方はぜひご連絡いただければ幸いです。

ただし、諸般の事情により以下の事項に同意してくださる方に限らせていただきたいと思います。

1.出された料理は全て食べきる。
食べ物を粗末にしない女性はすてきです。

2.思いやりと優しさに満ちた笑顔と声で「おいしい」と必ず言う。
「優しさ」とは女性の代名詞であると存じております。

3.僕と僕の料理に対してひたすら賞賛を続ける。
愛する人の支えによってこそ男は強くなれるものでございます。

4.常にほがらかで機嫌良く、明るくいる。
明るい2人にこそ明日は来るものでございます。

以上、よろしくお願い致します。
(なお、応募資格には年齢の上限はございません。)

|

« 書くエネルギー | トップページ | あなたの知らない世界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝 料理教室卒業!:

« 書くエネルギー | トップページ | あなたの知らない世界 »