« 大阪から来たばかりのNへ | トップページ | 話を聞くのは難しい。 »

本気かも…ヴァン・ヘルシング

「ヴァン・ヘルシング」の感想で、ヒュー・ジャックマンに対する設定は、「X-メン」とかけたシャレなのか? ということを書きましたが、「ヴァン・ヘルシング」の監督は本気でしゃれっ気を盛り込んだのでないかと今は思っています。

でも、悪い意味ではなく、たぶん楽屋うけというか、わかる人が見たらくすっとしてしまうというか、そういうのをわざとねらっているのではないかと。

友人に「アンダーワールド」という映画を見せてもらいました。
この映画はちょっと前に公開されていましたから、見た人もいると思いますが、ストーリーの軸は、"吸血鬼一族(ヴァンパイア)"と"狼人間一族(ライカン)"との数百年に渡る争いからなっています。
この「アンダーワールド」で、"狼人間一族と戦う吸血鬼一族の戦士「セリーン」"役を演じていたのは、ケイト・ベッキンセールという女優さんです。

そして、そのケイト・ベッキンセールが「ヴァン・ヘルシング」で演じているのが、"ドラキュラと闘い続けてきたヴァレリアス一族の王女「アナ」"です。

主役のヒュー・ジャックマンとケイト・ベッキンセールが、それぞれ出演していた「X-メン」と「アンダーワールド」。
この2つの映画を見ると、「ヴァン・ヘルシング」にしゃれっ気を感じることができて、より面白いかもしれません。
(嫌う人は嫌うでしょうけどね)

|

« 大阪から来たばかりのNへ | トップページ | 話を聞くのは難しい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本気かも…ヴァン・ヘルシング:

» 「アンダーワールド」DVDにて [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
今日は朝から首が痛いです。いわゆる寝違いなんですが、実は昨日の夜、寝る直前首をぐるりと回したときに痛めたみたいなんです。これって寝違い、ていうんでしょうか?寝な... [続きを読む]

受信: 2004.10.03 21:25

« 大阪から来たばかりのNへ | トップページ | 話を聞くのは難しい。 »