« 思いでが残っている幸せ | トップページ | 便利ツール »

我がままだと言うならやめて

男性でも女性でも、自分について「我がままなんです」という人がいます。
僕はそういう人に出会うと、どんなつもりでそれを言っているのだろうと不思議な気分になります。我がままというのは、「他の人のことは考えないで、自分のことだけを考えること」だからです。

それとも、自分のことを我がままだと言う人は、先に言っておけばある程度覚悟して周囲はつきあってくれるので、少しは自分の我がままが通りやすくなるという考えでももっているのかもしれません…などと考えたくなるくらい、普通に自分のことを「我がままなんです」と言う人がいます。

「私は、他人のことは考えないで自分のことだけ考える人間なんです」と明言する人は、注意をしておくことに越したことはないでしょう。

まぁ、冗談や何かの謙遜の意味でそう言っている場合もあるので、その人の人となりがある程度わかってくるまでは少し距離を置いてつきあうぐらいにしておくといいかもしれません。
もし謙遜や冗談で言っているのだとしても、個人的には、あまりいい謙遜や冗談ではないので「我がままなんです」という言い方はやめた方がよいと思っています。

あるいは、本気で言っているのだとしたら、自分は我がままだと自覚しているのですから、そうならない努力を始めて欲しいものです。

|

« 思いでが残っている幸せ | トップページ | 便利ツール »

コメント

お久しぶりです(^-^)

いるいるー。こういう人。
私も違和感を感じます。
でも、こういう人(特に女性の場合)って
「私って多少の我が侭も聞いてもらえちゃう人間なの」
なーんて妙なステイタス感を持ってたりするんじゃないか、と思うときがあるなぁ。
周囲は単に「困ったちゃんだから、適当につきあっとけ」ってな感覚なんだろうけれど(笑)。

まぁ、適当に距離を置いて付き合うのが正解だと、私も思います(^^;

投稿: くわとろ | 2004.08.30 21:03

そのひとは我侭だから我侭に「わたし我侭だから(大目に見て)」と言うのでしょう。冗談のつもりで言う人もちゃんと我侭です。(苦笑)

というわけで、一歩引いておいたほうが様子を見たほうが無難なのは正解でしょうね。

投稿: くっきも | 2004.08.30 23:22

くわとろさん、お久しぶりです。
くわとろさんのブログ、いつもチェックはしてますよ。
母子ともに健康そうですね。

「困ったちゃん」には適当につきあっておけというのはありますね。
うちの会社では、気に入らないことがあるとすぐ怒り出す人なんかは、怒り出されると面倒だから、その人が適当に機嫌がよいような状態にしておくことがあります。

投稿: ミッ君 | 2004.08.31 20:57

くっきもさんの、「我が侭だから、我が侭だ自分のこという」という指摘はなかなか深いものがありますね。
自分で自分のことを我が侭だと言ってしまう時点で、すでに我が侭なんですね。
周囲に多大な迷惑をかけるのでなければ、そっとしておくのが一番のような気がします。

投稿: ミッ君 | 2004.08.31 21:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我がままだと言うならやめて:

« 思いでが残っている幸せ | トップページ | 便利ツール »