« 自分の子供に見せたいか | トップページ | カレーの隠し味 »

ブラザー・サン,シスター・ムーン

"Brother Sun, Sister Moon"、来ました。
フランチェスコ会の創立者「聖フランチェスコ」の人生を、後に「聖クレア」と呼ばれることになるクレアとの出会いも絡めながら描く知る人ぞ知る不朽の名作。

おめでとう、初DVD化!

伝説のフォークシンガー「ドノヴァン」が歌うテーマソング"Brother Sun, Sister Moon"もあまりに有名…なのか? そうあって欲しい。

いわゆる宗教映画は、個人的には説教くさい感じがしてあまり好きではない。「ベンハー」で描写されるイエス・キリストぐらいが限界。
だけれど、"Brother Sun, Sister Moon"は別。

映像と音楽の美しさが、そして押しつけがましくなく描かれるフランチェスコという人物の描き方が、圧倒的な印象で心をゆさぶってくれる。
これを見たあとは、物質にあふれる毎日は慎み、鳥の声と河のせせらぎ、そして吹き抜ける風と移り変わる天気や季節を感じて、ゆく雲と広がる空を見つめながら静かに暮らそうという気になるから不思議。

そういえば、ずっと以前、レーザーディスクでこれが発売されたときには、ジャケットに「フランチェスコとクレアの若い恋の物語」とかいった意味のことが書かれていて、「若い恋? この映画にそんな場面ってあったっけ?」ととても違和感を覚えたのを思い出した。
今見ても、男女の恋心を扱っているとは思えないのだけれど。他の人の感想も聞いてみたい。

監督は、オリヴィア・ハッセーの「ジュリエット」がみずみずしい感動をよび、名作としてあげる人も多い『ロミオとジュリエット』を撮ったフランコ・ゼフィレッリ。

"Brother Sun, Sister Moon"、パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン から発売中です。
ぜひご覧あれ。

|

« 自分の子供に見せたいか | トップページ | カレーの隠し味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラザー・サン,シスター・ムーン:

» 「ジュディ・ボーカー」を追いかけて…… [徒然なるままだし]
朝日新聞で恩田陸の『ブラザー・サン シスター・ムーン』という本の広告を見た。 映 [続きを読む]

受信: 2012.05.09 14:38

« 自分の子供に見せたいか | トップページ | カレーの隠し味 »