« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

箱根旅行

父と母を連れて箱根に行ってきました。(妹一家は事情により不参加)
思えば、父と母と自分の3人でどこかへ旅行をするのは生まれて初めてだな。

宿泊先は、せっかくだからどんとはりこんで「小田急 山のホテル」。食事も美味しく、高級感あるホテルに2人ともとても喜んでくれて大満足で帰っていきました。

母が草花が好きなこともあって、箱根では草花づくしのコースを設定。「箱根湿生花園」、「芦の湯フラワーセンター」、「強羅公園」と母は好きな草花を存分に楽しめたと喜んでくれました。
その間に「ガラスの森」とか桃源台からロープウェイで大涌谷へ行ったりと、父にも楽しめるようにとときどきコースに変化を盛り込みながらの箱根の旅。

少し残念だったのは風が強くて、いつもなら山のホテルのプライベート桟橋から出航している遊覧船が休航になっていたこと。芦ノ湖の湖上から眺める箱根も見せてあげたかったんだけれど…

久しぶりに父と母といっしょに話して、ずっと知らなかった意外な事実を親父から聞けた。
親父の名前には「弘」という字が使われているのだけれど、親父の父(つまり父方の祖父ね)が、息子(=親父)につけた名前を和尚様に報告に行ったとき、「弘法大師のお名前の一部を子供に気軽につけてはいかん」とか言われて「弘」という字を書くときには「博」と書くように僕の親父には教えていたのだとか。それも親父が高校生になるくらいまで続いていたそう。
だから、僕の親父は14、15歳ぐらいまで、自分の名前の字が戸籍では「弘」が使われていることを知らなかったのだとか。昭和ひとけたの時代、そんなこともあったのね。

箱根で「へぇ~」と思ったのは、「箱根神社」の「宝物殿」に展示されている「豊臣秀吉禁制状」。
豊臣秀吉の小田原攻めの際に、箱根神社の僧兵や檀家の一般市民は次は自分たちの番と恐れ、職やら家土地を放り出して逃げ出したのだとか。それに対して秀吉は「いっさいの危害を加えたりしないので、僧は元の職へ民は住まいへとただちに戻り、いぜんのように暮らし始めること」を呼びかけた。
その呼びかけと同時に、「戻ってくる彼らには、いかなる危害も加えないこと。この禁を破った者は"成敗"する」と自軍の将兵に対して言い渡したのがこの「豊臣秀吉禁制状」。

いまでいうところのコミュニティーを機能させないと、年貢も徴収できず、たんなる荒れ野を領地としてもっているだけとなるのを防いだという政治的施策という面が大部分だったと思うけど、「戻ってくる人に手出しをして、俺の命令に逆らう奴はただではおかんぞ」という通達を直々に出し、施策の遂行が滞ることを防止しようとするアポローチは、いまのトップダウンで重要事業を進めるような企業の経営にも通じるバランス感覚を感じる。

命がけの戦乱の時代を勝ち抜いてきた人は、やっぱりどこか他人とは違うと思った。

あれやこれやと、いろんな想いをのせた箱根旅行。2日間と短かったけど、父と母が喜んでくれたのが何より。
長生きしてな。またいっしょに旅行しような。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

水でほぐされる。

忙しい日が続いていたけど、久しぶりに泳ぎに行った。
普段からあまり肩こりはしない方なんですが、ここんとこ肩から背中にかけてこわばった固い感じがとれなかった。
そんなときは身体を動かすにかぎると、なんとか時間を作って泳ぎに行けました。

がんがん泳いでタイムアタックするときもあるけど、こんな日はゆっくりと心も身体もほぐすような気持ちで泳ぐのがいい。
クロールで泳ぐとき、耳のそばでする水を切る音が好きです。身体の両脇を流れていく水の流れも心地よい。
水につかっているとそれだけで何かが身体や心から外へ向かって出て行くような気がする。

癒されるというのとは少し違う。ほぐれるという表現が一番ぴったりくるような気がする。
心と身体は一体だという考え方があるけど、それには賛成。心も身体もこわばったままでは思うように動かない。

心身がほぐれたら、明日に向かって、さぁまた進もう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

BOSE VIA が来た

BOSE VIA が会社にやって来た。BOSE VIA については、検索エンジンで調べるとよくない話と、よい話が入り交じっています。
よくない方の話しは、販売方法がうさんくさい(訪問販売している。)、販売の仕方がしつこいとか、ボーズ感性工学リサーチ株式会社のサイトが存在しないとかという話し。(うちの場合も、飛び込みの販売員から購入したのだとか。)よい話の方は、まぁCD・MD・FMラジオが一体になっている音響機器だけに、一言で言えば「音がいい」という評価。

音響機器の訪問販売なんて話だけ聞いていたら確かにうさんくさい感じもするけど、売買には何のトラブルもなかった。
会社でどう使うのか?という疑問を感じられる方もいるだろうけど、詳しい説明はご勘弁。少々、守秘事項に触れる部分もあるので。

音響機器の善し悪しはよくわからないけど、音量をうるさいぐらいに上げると臨場感がある音を楽しむことができる。(音量をあげれば、BOSE VIAでなくても臨場感がある音になるだろういう思いもあるけど)
まぁ、世間でどんな評価がされていても使っている人たちが「いい音だ」って感じたら、それは「いい音」でいいのだ。

誰もいない日のお昼休み、ちょっとお借りして、我が愛するカナダ出身のベテランRockバンドRUSHのDVD"RUSH in RIO"をDVDプレーヤーからつなげてみた。画面は14型テレビだったけど、それでもRUSHのライブを堪能しました。(ちなみに、音量は65まで上げてやりました。この機器でのこの音量は一般家庭ではまず無理でしょう。マンションでは絶対できない音量。)

そういえば、検索エンジンで見つかったページのいくつかには、「ある程度の音量を上げないと良さがわからない」といったようなことが書かれていた。確かにそうだと思った。

僕の感想としては、低い音から高い音までダイナミクスがある音源を聞くときに良さがわかる機器だと思った。たとえば、JAZZだとか、クラシックの再生をした方が楽しいと思う。
ためしに「中島みゆき」のCDをかけてみたけど、そのときは何がよいんだかよくわからなかった。僕がもうずっと昔から使っているCDラジカセで聞くのとそう印象が変わらないという感じ。この場合は、音量をあげてもピンとこなかった。

「ダイナミクスがある音源を音量をあげて聞く」が、この機器で楽しむ場合の最重要点かと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Musicology、来ました

プリンスの新作"Musicology"。かっこいい~! もうたまらんです。
12曲入っておなかいっぱい。さらに、なんと同じCDの中に1stビデオクリップも含んだ嬉しや恋しやのプレゼント付き。
正直言うと、彼のビジュアルは僕にはちょっとねって感じ。(どこかのオカマバーのオネェみたいなんだもの)
だけど、音楽は最高に最高。

1曲目のタイトルチューンでは、リフの繰り返しが高揚感を誘ってくれます。これ、ライブで1曲目にやられたら、ウォ~!って感じですぐにスタンディング&ダンシングですよ。
1曲目の興奮を引っ張りながら切れ目無く2曲目へ突入。ここでも気分はダンシング。

ムードは変わって3曲目はちょっとせつない。彼女と別れたあとの1時間が百万日に感じられるって曲。ゆっくりと身体を揺らしながら軽く踊れる感じ。

そして4曲目でまたまた気分を盛り上げるアップビート。う~ん、この展開がたまりません。
ここらで"Clap Your Hands !"なんてもし言われたもんなら、あーた。HandsでもHeadsでも何でも叩くぜってもんですがな。

そして5曲目では、スローテンポで美しいラブソング。これがプリンスのスローテンポなのよ。
ちょっとワウワウ(古いなぁー。いまどきワウワウなんて言わないぞ)が効いたギターがかっこいい。

で、6曲目ではスネアのビートがまたまた気分を盛り上げてくれる。スローのあとだからね。でもガンガンにならないでちょっとだけアップテンポって雰囲気がまたセンスのよさ。ギターソロが、これまたかっこいい。のけぞってしまった。

その後も、ライブでは立て続けに演奏していくような雰囲気の曲。いいなー。これライブでやる曲順を想定して並べているような気がする。

とどめはは10曲目のブルースナンバー。よすぎて死ぬよ。
でもまだ2曲もあるのだ。

なんだか「かっこいい」としか言ってないな。でも、それが"Musicology"。かっこいいのだから仕方がない。

こんなそんなでアップテンポあり、スローあり、アーバンな感じもブルースもありで、まかせんかい!かかってこんかい!って勢いでプリンスが帰ってきました。
お帰りなさい、殿下。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

エルビン、ありがとう

ジャズドラマーのエルビン・ジョーンズが亡くなった。(2004/5/19 読売新聞)
76歳だったそう。
有名な人なのに、あまりニュースにもなっていないような…

音楽評論家の吉田秀和さんのエッセーに「バルトークが亡くなったとき、新聞に載らなかった。バルトークのような有名な人の死を掲載しないとはどういうことかと新聞社に言いにいったら、『新聞に載らないのは有名ではないからです』と言われた」といった話があったけど、それを思い出した。

大学時代に音楽好きの先輩から勧められて初めて聞いた「JAZZ」。
その先輩がエルビン・ジョーンズのドラムが好きだった。僕が最初に聞かせてもらったJAZZは、コルトーレンの「朝日のようにさわやかに」のライブ演奏でした。

先輩は、音楽と名のつくもので自分が興味をもったら、ロック・JAZZ・クラシック・民族音楽・トラッドフォークなどなど本当に何でも聴く人で、興味がある音楽・ない音楽はあっても、「嫌いな音楽」はもたない姿勢を先輩から学んだ。

当時、先輩の家に仲間が集まって、夜通しなんだかんだと話しながらレコードを聴いたり(CDはまだ無かった)、ギターを弾いたりしてた。
先輩のご家族から「うるさい」とか何か言われた覚えはない。
やかましくならないように音を絞ったりして気はつかっていたけど、それでもずいぶんとご迷惑なことをしていたのだろうなと今さら思う。ごめんなさい。

今はつきあいが無くなってしまったけど、先輩も多分どこかの空の下でエルビン・ジョーンズの訃報にふれているでしょう。

エルビン、いろいろ思い出させてくれてありがとう。安らかに眠ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

生きられる幸せ

日経新聞のコラム「私の履歴書」は、いま「野見山暁治(のみやま ぎょうじ)」という画家の方が書いておられる。
本日(204年5月18日)付けの「私の履歴書」を読んで、「生きることができる」幸せをしみじみ感じた。

野見山さんは、コラムのなかで美術学校の同級生7人について語っている。
そのうち、亡くなられたと書かれているのは5人。
そのなかには、飛行機からの機銃掃射で亡くなられた方、ルソン島で立てこもって亡くなられた方がいる。また、1学期とちょっとで胸を患われて亡くなられた方もいる。

人が亡くなることに、戦争と病が避けられない理由としてあった野見山さんたちの時代。
病で亡くなる人はいまでもいるけど、野見山さんの時代よりははるかに存命率が高いだろうし、戦後の日本で戦争で亡くなる人はいなかった。

でもいま、「あの国」では、日本人でも戦争が原因で命を無くす可能性はある。

僕は中・高・大学を過ごすなかで、4人の同級生を亡くしている。1人は病。あとの3人はそれぞれ交通事故。
僕が知らない内に亡くなっていた奴がその中にいる。僕は彼と仲が良かったけど、彼の家族や僕以外の友人たちは、僕とそいつが仲が良かったとは知らなかった。だから、そいつの訃報はしばらく僕には届かなかった。

「あの国」から離れていても、明日の僕が出かける場所が、テロリストが攻撃の対象にしていない絶対的な理由は無いけど、僕が暮らしているような田舎で何事かを起こすことに意味はないだろうし、そういう意味で確率は低い。

基本的には、犯罪と事故と重い病以外では、死ぬことはないのが今の時代。
いろいろと悩みもあるけど、毎日を「生きていられる」のは幸せなことだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音声でブログの記事を作成

文章や画像といった従来の素材に加えて、MP3ファイルなどの音声ファイルでもブログへの投稿が可能なサービスが開始されたとか。(出典:INTERNET Watch 2004/05/12

Audioblog.comというのがそれ。
コンピュータとマイク、そしてブラウザがあればAudioblog.comに音声で投稿ができるんだって。ただし、Flashが必要だと記事には書いてありますが。

でも、面白そうと感じたのは、コンピュータからだけでなく、電話からも投稿が可能ということ。
モブログでどこからでも投稿できる柔軟さが楽しいと感じたけど、電話から音声を投稿するなんてのも楽しそう。

対応しているブログサービスは、MovableType、TypePad、Blogger、LiveJournalで、複数の自分のブログにファイル投稿できるようになっているそうです。
料金は、月額4.95ドル。容量は最大1GBが使えるらしい。INTERNET Watch の記事によると、この容量は「1分間の投稿が5,000回再生できる容量」だということです。

さらに機能とサービスを向上させた「Proバージョン」も今後出してくるそうな。

日本国内でも、携帯電話からの音声投稿ができるようにしてサービスが始まると、使ってみたいかも。
なんか面白い動きだなぁ。ココログも音声で投稿できるようにならないかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰ってきました。上海から

上海から帰ってきました。
悲しいかな、当初のもくろみはなかなかうまくいきませんでした。けっこう夜遅くまで会議してしまったし。インターネットアクセスをする時間も、他の人は、部屋にあったADSL回線を使っていた人もいましたが、僕は時間がうまく取れなかった。ちなみに、部屋のADSL回線は1日96元でした。

楽しみにしていた上海雑伎団は、有名どころの演者たちは、いま東京へ行っているんだとか(なんじゃそりゃ、って感じでしたが)。それでもいいのでチケットをとろうとしたら、これが一緒に行こうとしていた人数分取れなかったので取りやめにしました。

でも、食事はけっこう楽しめた。はずれもあったけど。
「恒隆広場(ホンロングアンチャン)」(広場っていうのはいわゆる百貨店のこと。ここは有名ブランドが入った高級広場)の3階だったかな? 四川料理のレストランが安くて美味しかったです。
(「恒隆広場は、ガイドブックに載っている名称をそのまま書いてますが、「恒」と「広」という字は実際には、違った形です。「広」は「廣」なのですぐわかりますが、「恒」は、「国」という字と「臣」という字を足して二で割ったような形をしています。僕はAtok15で漢字変換してますが、あの字は出ないようです)

10人でおなかいっぱい食べて、全部で500元ぐらいだった。(ビールを5本ぐらいしか飲まなかったからかも)
ただし、辛いです。美味しい辛さだけど、辛いのがぜんぜんダメという人はつらいと思います。
このレストランの名前を覚えておこうと思って忘れてしまった。3文字の名前で、「府」っていう字が最後に付いていたと思います。フロアの奥まったところにあるので、エスカレータで登ってきたあたりからちょっと見渡したぐらいでは見つかりません。

お昼に移動するのが面倒で、ぶらっと道ばたのファミリーレストランのようなところへ入ったら、これがけっこうおいしかった。お店の人が英語がぜんぜんできなかったのにはまいったけど。僕もカタコト英語だけど、ONEも通じない。指1本たてたら、わかってもらえましたが。なぜかメニューは英語表記もされていた。

ホテルのなかで食べた天ぷらはだめだめでした。そのほかの焼き魚とかはまぁまぁ。
それで、聞けばびっくりするほど高かった。書くのも怖い金額。(バーバリのスーツが買えます。)
まぁ、会社が出してくれたのでいいと言えばいいけど。

「豫園(よえん)」のそばにあった「クリントン大統領」や「エリザベス女王」も食事をしたというお店も、僕にはいま2ツぐらいでした。悪いので店名までは明記しませんが、国賓がよく来るお店として有名らしいです。

もう1つ、楽しみにしていたSPAもいまひとつ残念だった。
ヒルトンホテルのThe Spaで、普通のマッサージだけは受けましたが。
ほんとは、なんだかんだと身体に塗ってマッサージしてくれるコースとかいろいろ組み合わせたかったのですが、時間がなくて。
でも背中のこりもとれて気分はよかったです。

これから上海へいく人は、タクシーの確保には気をつけてください。上海の街はタクシーが異常にひろえなかったです。走っているのは見かけるのですが、必ずすでに人が乗っています。
僕のように上海に不慣れな人の場合は、確実に乗れるのはホテルでだけと思っておいた方がよいでしょう。
そのホテルででも、列をつくって待つぐらいです。多いときには30人ぐらいの列がホテルの前にできてました。

人口数とくらべてタクシーの台数が非常に少ないようです。そこへ、お客を乗せてはいけない場所とかもあって、不慣れな人は道ばたで手をあげてひろうのはまず無理です。
(そんな場所でも、お客を降ろすために止まったタクシーに無理矢理乗って、運転手とどなりあいをしてでも走らせてしまう人もいました。上海の人はたくましいです)

なかなか楽しい時間は多くは取れませんでしたが、それでも高層ビルがどんどん建ち、発展している上海を生で見られたのはビジネスパーソンとしては役に立つ体験だと思います。
実際に見た話をするのと、発展しているらしいですよというのとではぜんぜん違いますしね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »