« コメントの失敗 | トップページ | FlashMX2004に困惑 »

古賀さんのことは保留

学歴問題の古賀潤一郎議員、民主が辞職促す方針固める(読売新聞)

1月27日早朝、まだ誰もいない事務所にてコーヒーを飲みながら、オンラインニュースを読む私。うーん、できる男って感じでナルシストになっています。全く単純な性格です。

でもなーこの一連のニュース、どうもテレビなんかでのコメントを見ていると古賀議員が嘘をついた、わかっていてやったというように聞こえてしまう言い方をする人達がいるのが気になる。(こちらの思いこみかもしれないけど。)

空港でインタビューを受けている古賀さんを見ていると、どうもこの人は嘘を言っているようには僕には見えません。まぁ勝手な想像だけど、多分、古賀さんは本当に自分は卒業したと思いこんでいたのではないかなと僕は想像してます。
あまり詳しくニュースを見ていなかったのですが、うっかり者というか、早とちりというか、思いこみが激しいというか、そんな感じがするんですよ。あの人。

たとえば、大阪府の茨木市に「追手門(おってもん)学院大学」という大学校があります。そして、兵庫県には「大手前(おおてまえ)大学」という学校があります。僕の友人ははるか昔の受験前にこの二つの学校名をごっちゃにしてしゃべってました。受験しようとする大学の名前を間違うなよって思ってましたが。
さらに、さらに時代はさかのぼって小学校のころ、1つ上の学年に、覚えていた自分の名前と戸籍に届けられていた名前とでは漢字が違っていたという子がいました。(真相はよく知りませんが、恐らく親がうっかりして届けた漢字と違う漢字を子供に教えてしまったのでしょうね。)

…ということも現実にあります。何が言いたいかというと、他人からしたら、そんなことあるはずないと思いたくなるような間違いをする人が世の中にはいるという話です。

古賀さんはニュースを聞いているかぎりでは、英語もそれほど堪能ではないようです。あまり言葉をうまく話せない国にある大学にいって、何か「証書のようなもの」をもらって、それが何かちゃんと確認できずに、卒業証書だと思いこんでしまっていたということもありえるといえば、ありえるような気がする。

で、その「証書のようなもの」ですが、「弁護士から卒業証書を手渡された」って言ってたけど、留学の制度についてはよく知らないですが、弁護士から卒業証書を手渡されることって普通にあるのかしら。
普通だとすると、この弁護士を捜して話を聞くのが調査の筋というものでしょ。古賀さんが独自に探すとか言っていたみたいだけど、何も言わなかったところをみると、見つからなかったんでしょうね。

でも、真相を報道の立場から明確にしようとするなら報道陣がこの弁護士を探さないといけないのではないかしら。
(探しているとは思うけど。)
学校側が卒業していないというなら、卒業はしていないのでしょうが、ではその弁護士が古賀さんに渡したものは何だったのか、もしかしたら、古賀さんは悪徳弁護士に何かしらの理由でだまされていたということだってあるかもしれない。(これは経歴詐称とは別の問題だけどね。)
その弁護士から何がどうなっていたのかという当時の話を聞けないうちは、古賀さんに対して白とも黒ともどちらの印象も与えないような報道の仕方をしておくのが、報道としてのあり方だと思います。

|

« コメントの失敗 | トップページ | FlashMX2004に困惑 »

コメント

はじめまして、よろしく。
学歴について騒ぎすぎだと思います。自分の選挙区の投票をしたとき、その候補の学歴を確認しませんでした。学歴で国会議員を決めますか?と言いたい。
学歴詐称については、司直の手に委ねたらどうでしょうか。

投稿: sine_wave | 2004.01.29 22:13

sine waveさん、コメントありがとう。
確かに騒ぎすぎですよね。
古賀さんが、卒業していないと知っていて
嘘で卒業と書いたのか、本当に卒業したと
思っていて、彼にとっては嘘ではなかった
のか。嘘だとしってやったんだろう?とい
う感じで、テレビの話題という意味で、お
もしろいネタなんでしょうね。
sine waveさん、これからも遊びにきてく
ださい。僕もおじゃましますね。

投稿: ミッ君 | 2004.01.29 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古賀さんのことは保留:

« コメントの失敗 | トップページ | FlashMX2004に困惑 »