Googleスプレッドシートのテンプレートを作る。

この記事は自分用の覚書です。

Googleスプレッドシートだけでなく、GoogleドキュメントでもGoogleスライドでも基本的に同じ。

■テンプレートを作る。
1.Googleスプレッドシート開いて、テンプレートにするレイアウトを作ったり、セルに式などを入れる。
作り終えたらいったんGoogleスプレッドシートを閉じる。

2.Googleスプレッドシートのホーム画面を開く。
GメールやGoogleドライブの画面で、「Googleアプリ」のアイコン(右上にある9つの四角が並んだアイコン)から「スプレッドシート」を選択。

3.Googleスプレッドシートのホーム画面になるので、「テンプレートを送信」をクリック

4.「スプレッドシートを選択」ボタンをクリックして、1.で作ったGoogleスプレッドシートを指定する。
テンプレートにしたいGoogleスプレッドシートの名前を使うと、検索してすぐに見つけることができる。
任意の「題名」を付け、カテゴリを選択する。

・「元のファイルではなくコピーを送信する」
元のGoogleスプレッドシートとテンプレートとは別のファイルとして扱いたい場合はチェックをする。
チェックをしない場合は、元のGoogleスプレッドシートがそのままテンプレートになる。

5.「送信」ボタンをクリック
指定したGoogleスプレッドシートがテンプレートとして保存される。
できたテンプレートは、テンプレートを作ったアカウントのマイドライブに保存される。
保存場所をマイドライブ以外へ移動してもテンプレートとして機能する。(ほかのアカウントもそのテンプレートを使って新規作成ができる。)

■テンプレートから特定の場所にファイルを作る。
1.Googleドライブにあるフォルダを最初に開いておく。
スプレッドシートを保存したいフォルダをまず開く。
あるいは、フォルダを新規作成して開いておく。

2.テンプレートからファイル作成
左上の「新規作成」から
 Googleスプレッドシート > テンプレートから
を選択。

3.共有の確認
1.で共有フォルダを選んでいたら、「共有フォルダ内に作成しますか?」が表示される。それでよければ「作成して共有」をクリック。

4.テンプレートを選択
テンプレートギャラリー(テンプレートの一覧)が表示されるので、使いたいテンプレートをクリック。

5.データの入力
選択したテンプレートをもとにした新規のGoogleスプレッドシートが開くので、ファイル名を付けたり、データを入力。

6.ファイルが保存される。
入力が終わったらGoogleスプレッドシートを閉じる。
最初に開いて新規作成を始めたフォルダのなかに、いま作ったGoogleスプレッドシートが保存されている。

■テンプレート自体の修正
テンプレートギャラリー(Googleスプレッドシートのホーム画面の上部にある黒い領域)内に表示されているテンプレート名の右側にある丸が縦三つのアイコンをクリックして「編集」を選択。

あるいは、マイドライブなどに保存してあるテンプレートを開いて、修正する。

・編集権限について
テンプレートを開いて右上にある「共有」から編集権限を付与したアカウントだけが、テンプレート自体を編集できる。
テンプレートを作った直後は、テンプレートを作成したアカウント以外は編集権限をもっていない。
ほかのアカウントは「閲覧者」(テンプレートを使うだけ)の権限になっている。
自分のアカウント以外に編集権限をもたせるなら、「共有」からメンバーを追加して編集者に指定する。

■テンプレートの削除
テンプレートの編集権限をもっているアカウントが、テンプレートを削除できる。

・テンプレートギャラリーから削除
テンプレートギャラリーには表示しないが、テンプレート自体はGoogleドライブ上に残っている。
Googleスプレッドシートのホーム画面で、テンプレートの名前の右横にある丸が縦三つ並んだアイコンをクリックして「ギャラリーから削除」を選択。

・テンプレートを完全に削除
完全に削除する場合は、テンプレートのオーナーが削除すること。
マイドライブなどテンプレートを保存してある場所からテンプレートを削除して、ゴミ箱からも完全に削除する。

■テンプレートギャラリーの表示
Googleスプレッドシートのホーム画面で、「メインメニュー」(Googleスプレッドシートのホーム画面左上にある三本線のアイコン)の「設定」から「ホーム画面に最近使用したテンプレートを表示」をチェックすると、Googleスプレッドシートのホーム画面にテンプレートギャラリーを表示できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関係者でないなら黙ってようよ。

芸能人や政治家の誰々が不倫したとか、結婚して違約金がどうだとかで、やたらと当人たちを責める人たちがいる。

自分たちとはあんまり関係のない人のことを、そうまで言わなくてもいいじゃない。

言うことでなんの利があるというんだ。

その不倫のせいで困ったことに陥ったとか、その結婚のせいで仕事がうまくいかなくなったとかいう当事者や関係者が怒ったり、責めたりするならわかる。

でも、何にも関係ない人が、責めたり、怒りを向けたりするのはやめないか。だって、関係ないんでしょ。

違約金がほんとうに発生していたとしても、なんで無関係の人に「そのお金をしっかり払えよ」と言われなきゃいけないんだ?

「ちゃんと向き合って謝罪なり、説明なりをやれ」とかさ。なんの具体的理由があって、無関係の人にそんなことを言われないといけないの?

政治家だから? 芸能人だから? 僕に言わせれば、そんなの理由になってない。

まあ、政治家はね、票を入れてくれた人たちがいるからね。そんな人たちからお叱りを受けるのは、ある程度は仕方がないんだろうなあ。

でも、票も入れていない人たちが、住んでいる場所すら離れている人たちが、ああだこうだと責めるのは、ある種のいじめだよ。

芸能人だってそうだ。

芸能人が不倫したら、結婚したら、あなたになんの具体的な不利益があるというんだ。

なにをどれだけ、どんなふうに言っても、政治家も芸能人も基本的には仕返ししてこないからね。
まして、ネット上で好き勝手言ってるどこの誰ともわからない人たちに、仮にもし仕返ししてやろうと思ったとしても、どうにもできないし。

人としての正しい在り方を教えてやろうとでも思っているのか? 誰が「教えてください」とお願いしたんだ? してないよね?

関係者でないなら黙ってようよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狭いカーブの頂点で停まらないで。

自動車でよく通る道に、短いけれど狭くて先が見えないカーブがある。

やっかいなことに、カーブの頂点にあたる片側にはコンクリの塀があり、反対側には側溝がある。しかも、側溝はフタというかカバーというかがされていない部分があるから、下手したらタイヤを落とす。

なのでカーブミラーも置かれている。

カーブの直前で、反対車線からの自動車にカーブミラーで気づくと、その自動車が通りやすいように、気づいたほうがいったん停止するというやり方が、自然とその周辺のマナーのようになっている。

だけど、停止してくれる際に、たまにカーブの頂点で停まる人がいる。

当然僕は、側溝がある側を通り抜けることになる。
たぶん、コンクリの塀までいっぱいいっぱい寄せることで反対側をなるべく大きく空けて、こちらがすれ違いやすいようにという配慮をしてくれているんだろう。

でも、道は曲がっていて、車体はその道に沿って曲がったりはしないんだよね。

結果として、カーブの頂点で停まられると、あちらさんの車体が邪魔をして、フタのない側溝があるほうの道幅が車体分狭くなる。

で、すれ違う方は側溝にタイヤを落とさないように気を付けながら、また隣の自動車に擦ったりしないようにも気をつかいながら抜けることになる。

お願いだから、カーブの頂点で停まるのはやめてちょうだいな。同じ停まってくれるなら、カーブに入らない手前で停まってほしいわけよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏場に入って、「次はもうないな」と思うラーメン店

冷房の効きがわるくて暑い。

前から入ってみたくて入ったお店だったんだけど――。夏場は「もう次はないな」って思ってしまった。

味はわるくなかったのに。あんなに暑かったら、ひとにも勧めづらいし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吸血鬼は不老不死なのになぜ "長老" はお年寄なんだろうね?

妻いわく――(吸血鬼に)成ったときにお年寄りだったんでしょ?

嗚呼、愛する人。

可愛くて、機転も利く君はほんとうに素敵だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Excelのオートフィルタ(変数で範囲の値を受けとる。)