Chrome で、選択した部分のソースを表示する。

この記事は自分用の覚書です。
Windows 8.1 Pro 64ビット + Google Chrome バージョン: 62.0.3202.94(Official Build) (64 ビット)

  1. Webページで任意の部分を選択
  2. 選択した部分の上で右クリックして「検証」を選択
  3. 「デベロッパーツール」が Chrome の下部に表示されて、該当するソース(タグ)が選ばれている。
  4. ソースを確認したら「デベロッパーツール」の右端にある×印で閉じる。
    ショートカットは、 Ctrl + Shift + I

選択した部分のタグによっては、全体が表示されない場合がある。

「デベロッパーツール」のなかで、

►<p>...</p>

といったような表示になっていたら、左の ► をクリックすると展開した表示になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Excel2016 でファイルの一覧を作る。

この記事は自分用の覚書です。
(Windows 8.1 Pro 64ビット + Excel2016 Office365 Business サブスクリプション バージョン1710(ビルド8625.2121))

1.ワークシートを開く。(新規でも既存のものでもよい。)

2.「データ」タブ-「データの取得」-「ファイルから」-「フォルダから」をクリック

3.「フォルダーパス」を入力する画面になるので「参照」をクリックして、ファイルの一覧を作りたいフォルダを選んで、OKをクリック

4.「フォルダーパス」の欄で目的のフォルダが指定されていることを確認して、OKをクリック

5.プレビュー画面が表示されるので「読み込み」をクリック

6.テーブル形式でファイル名の一覧が作成される。
3. で選んだフォルダの下のフォルダにもエクセルのファイルがある場合、それも一覧に含まれる。「上のフォルダでだけ一覧を作る(フォルダの下のフォルダは対象にしない)」という設定はない。

一度一覧を作ると、該当のフォルダのなかで新規作成・ファイル名の変更・あとから保存したファイルも、「クエリ」タブの「更新」を実行することでファイル名を追記・変更できる。
また、上記3.と4.で指定したフォルダのなかであれば、新たにフォルダを作ってファイルを移動させても「更新」でファイル名の追記・変更に対応できる。

「データ」タブ-「クエリと接続」グループ-「プロパティ」-「クエリ プロパティ」ボタンで、「定期的に更新する」を使うと、1分刻みに更新の間隔を指定することができる。
最低「1分」から最大「32767分」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Excel とメモ帳で、ダブルコーテーションで値を囲った CSV ファイルを作る。

この記事は自分用の覚書です。
(Windows 8.1 Pro 64ビット + Excel2016 Office365 Business サブスクリプション バージョン1710(ビルド8625.2121))

■元の表

Dq_kakomu1

■考え方

最後に、ダブルコーテーションで値を囲った CSV ファイルになればよい。
値の左右に、何か目印になるものを付け加えて CSV ファイルを作り、あとで目印を置換して、ダブルコーテーションで値が囲まれているようにする。

■作業の手順

1.元の表とは別の列で、生年月日のセルを TEXT 関数で文字列に変換する。
1967/12/12 2のように / で区切った数字は、「日付」として扱われている(エクセルの内部で「シリアル値」という数字として扱われている。)ので、文字列に変換しておくことが必要。
・例
=TEXT(B2,"yyyy/mm/dd")

Dq_kakomu2

2.変換した文字列のセルを、生年月日の列へ「値貼り付け」する。
貼り付け終わったら、文字列に変換する式を入れたほうの列は不要なので削除。
(そのままにしておいてもよい。)

Dq_kakomu3

4.元の表とは別のセルに、 " (ダブルコーテーション)を入れて、そのセルを値の左右に結合する式を入れる。ダブルコーテーションを入れたセルは絶対参照にしておく。
・例
=$E$1&A1&$E$1

5.式をほかのセルにコピーして表を完成させる。

Dq_kakomu4

7.完成した表を選択してコピーする。

8.Ctrl + N で新しいワークシートを起こして、「値貼り付け」する。

Dq_kakomu5

9.値貼り付けしたワークシートを CSV で保存する。

8.メモ帳で CSV を開く。
"""氏名""" のように値の左右を3つのダブルコーテーションが囲っている。

Okikae0

9.置換で、検索する文字列に "" (2つのダブルコーテーション)を入力。

10.置換後の文字列の欄は空欄にしておく。
左右にある3つのうち2つを消せば、ダブルコーテーションを左右に1つずつ残せる。

Okikae1

11.「すべて置換」をクリック

Okikae2

13.メモ帳を上書き保存する。
これで、ダブルコーテーションで値を囲った CSV ファイルが完成。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わかる人にだけわかる話

TVアニメ『Dies irae』(ディエス・イレ)が面白い。

もともとゲームらしい。
初めて見る僕にはなんだかよくわからない部分もあるけど、物語としては面白い。

カズィクル・ベイがいる! ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲンも!

あんたらは、『Fate/Apocrypha』(フェイト・アポクリファ)か!?

Re:CREATORS』(レクリエイターズ)か!?

いや。そもそもの順番でいえば逆か。あっちが、『Dies irae』か!? だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

aibo の購入はよく考えたほうがいい。

ソニーが12年ぶりに「自律型エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ)」の発売を始めるのだとか。

・ソニーのサイトにある報道資料
エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ)を発売 (2017年11月01日 )

旧アイボの表記は AIBO で、全部大文字だった。
新アイボは、全部小文字で aibo となる。

旧アイボと違って、搭載された AI によってオーナーとのやりとりからさまざまなことを学ぶのだとか。

好奇心旺盛なaiboはオーナーからの呼びかけを待つだけではなく、オーナーに能動的に働きかけます。そしてオーナーからの優しい言葉や、笑顔、頭や背中をなでられたことなどを感じ取り、オーナーが喜んでくれることを健気に学んでいきます。
(出典:「エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ)を発売」 https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201711/17-105/)

だそう。

オーナーとの絆をより深く結んでいくことが可能ということだ。旧アイボではできなかったことだ。

そこが要注意だと思うぞ。

だって、壊れることだってあるでしょ? 機械だもの。家族がうっかり踏んじゃってどこか割れたってことも起きるかもしれないしね。
あるいは、ソニーの今後の業績によっては、旧アイボのように「製造中止」ということだってまた起きるかもしれない。

そんなとき、オーナーは築き上げた情のつながりを失うことを受け入れることができるのか。

できなければ、旧アイボよりも深い喪失がそこに待っているはず――。だって、「オーナーが喜んでくれることを健気に学んでいく」んだよ。

新アイボをけなしているように取れたらごめんなさい。その意図はない。

僕が言いたいのは、より絆を深められる機能を備えているからこそ、もしものときに、喪失と向き合い、受け入れることができるかどうか、aibo を壊したのが自分の家族であるとき、そのことを昇華できるのか、などなどをしっかりと自問自答してから購入したほうがいいと思う――ということ。

だって、そのときがきて、つらくなるのはオーナーさんだからね。
aibo は機械だけれど、生き物を飼い始めるときと大きく変わらない心構えがいるだろうと思うわけよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Excel2016(Office 365 サブスクリプション)にだけある IFS 関数