お鳥さまの粗相を防ぐには……

屋外の駐車スペースに停めてあるマイカー――ルーフアンテナのあたりにお鳥さまの粗相がやたら多くて嫌になっていた。どうもアンテナに留まって "シテイル" ようだ。

ひょっとしてと思って、ダメもとでアンテナを折りたたんでみた。

↓こういう感じのやつね。

Antena2_2
画像の出典:日産自動車のサイト「アンテナについて

そうしたら――効果抜群である! 粗相がいっさいなくなった。

鳥という存在は、なんかピンッと伸びているものがあったらそこに留まりたくなるのか、そして留まったら粗相をしたくなるのかもしれない。

それがやつらの種としての在り方なのかもしれない――などと、鳥の原理にまで思考が至りそうな午後のひと時。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「原稿料なし」ってありなの?

某出版社からの原稿執筆依頼が、知り合いにあった。

とはいえ、書籍の発行とかではなく、Webメディアで短い記事を書くのだとか。

彼は、「書く」という方向で打ち合わせし、念のための確認として、先方のサイトで公開されてからある程度の期間をあけて、勤務先の会社のWebサイトでも同じ記事を公開してよいか尋ねたのだとか。
そもそもの公開先であるそのWebメディアを出典元と記載するということも付け加えて。

依頼してきた担当者が言うに、その場合は「記事掲載後、1ヶ月後以降の掲載」ならよいとのこと。それはそうだろうな。ある程度の期間があかないと意味がない。

話を聞いて驚いたのは、そこから。

その場合は「原稿料なし」なんだとか。なんじゃそりゃ? おかしくないか? 依頼してきたのはあっちだぞ。

「Web上で書いていただけませんか。でも、書いた記事をあなた方も公開するなら原稿料は "なし" です」って、なんかすっきりしないなあ。

もっとも彼はすんなり了解していたけど。

どんな業界にも商習慣というものがあるだろうけど、Web上の執筆ってそんなものなのかねえ。僕はすっきりしないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Excel で、一行おきの連番をつくる。

この記事は自分用の覚書です。
(Windows 8.1 Pro 64ビット + Excel2013 Home & Business)

K.M さん。

Excel で1行おきの連番をつくるやり方です。難しく考える必要はありません。

まずは、普通に連番をつくるときのように 1 と 2 を入力します。

このとき、空けたい行数離して入力します。たとえば、一行おきにしたければ、1 を入れたセルから間に1行おいて 2 を入力してください。
A1 に 1 を入れて、A3 に 2 を入れるというように。

で、ポイントは 1 と 2 を選択するときの選び方です。

空けたい行数と同じ数の行を 2 のあとに選びます。
A1 に 1 を入れて、A3 に 2を入れるのは、一行おきにしたいからです。なので、A1 から A4 までを選択します。

その状態でドラッグすると一行おきの連番になります。

二行おきにしたければ、 A1 に 1 、 A4 に 2 を入れて、 A1 から A6 までを選択してドラッグします。

1gyoutobashi

2gyoutobashi

3gyoutobashi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Excel で同じ数字が列内に並ぶ連番を作る。

この記事は自分用の覚書です。
(Windows 8.1 Pro 64ビット + Excel2013 Home & Business)

1 1 2 2 3 3 というように同じ数字が列内に並ぶ連番を作る。

■同じ数字が2個ずつ列内に並ぶ連番の作り方
A. 一番目になるセルに 1 を入れる。

B. 1 を入れた一番目のセルを参照する式を、二番目のセルに入れる。
3個以上並ぶ連番を作る場合は、B. を必要な回数繰り返す。

C. 三番目のセルに、一番目のセルに 1 を足す式を入れる。

D. C.のセルをドラッグ。


例: 1 1 2 2 3 3 と2個ずつ列内に並ぶ連番
セル A1 に 1 を入力。
セル A2 に =A1 を入力。
セル A3 に =A1+1 を入力。
セル A3 を選択して下へドラッグ。

例: 1 1 1 2 2 2 3 3 3 と3個ずつ列内に並ぶ連番
セル A1 に 1 を入力。
セル A2 に =A1 を入力。
セル A3 に =A1 を入力。
セル A4 に=A1+1 を入力。
セル A4 を選択して下へドラッグ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よくわからないビジネス用語

「なんとなく、たぶんそういう意味だろうな」と想像しているだけで、実はよくわからないビジネス用語に出会うときがある。

いわく、「ジャストアイデア」はたまた「マター」とか。

前者は「(その仕事のオファーですが)当社で受けられない場合は、ジャストアイデアですがX社さんをご紹介するのもいいかなと……」といったように使う。

後者は、「これって、○○さんマターでしたよね」というように使う。

なんじゃそりゃ? だ。

たぶん、「ジャストアイデア」は「いまちょっと思いついたのですが」とか「決定ではなく、単なる案というか、思い付きレベルの話なんですけどね」とかいう意味だと僕は思っている。

そして「マター」は、たぶん「担当」だとか「主に関わっているのは」といった意味なんだろうと想像している。

なんとなくわかる(ような気がする)だけに、はっきりと相手に確認できない。確認したら、「この人わかってないなあ。バカなのかしら」と思われそうな気がしてねぇ。

ジャストアイデアなんですが、それを理解しなければいけないのは、私マターなんでしょうか――。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«パンダ 上野以外 って検索してごらん。