アニメ『覆面系ノイズ』を見ての昔話

原作は知らないけど『覆面系ノイズ』を見た。
昔のことを思い出して少し切なくなった。僕もニノとちょっとだけ似ている経験があるから。

僕は小さいころから地声が大きかった。小学校からずっと、「声が大きい」「(声が)うるさい」とやたら周りから言われた。

僕としては普通にしゃべっているだけだったんだが。

最初のうちは、そう言われるたびにもっと小さい声で話そうとがんばっていた。でも、いくら声を小さくしゃべるように試みても、「そう、それくらいでしゃべって」と言ってもらえるときは一度も来なかった。

「もっと小さくないといけないのかな」と考えて、もっと小さくしゃべるようにしてみたけど、それでも一度もなかった。
「僕はこんなに気をつけて小さい声でしゃべろうとしているのに、まだ大きいと言われるんだ」と悲しくなった。

中学、高校と大きくなっていくなかでも……。

そのうちだんだん嫌になって、「小さくしゃべろうとする試み」を止めてしまった。

いくつのころか記憶はないけど、「もういいや。どんなに気をつかっても "それでいい" と言われたことはないんだから、同じ "うるさい" と言われるなら、気をつかうのはもうやめよう。言われてもいいや」と思ったのを覚えている。

でもそう決めたからといって、僕としては普通に話しているのに「(声が)うるさい」と指摘されるのが平気になったわけじゃない。
指摘されればやっぱり辛かった。普通にしゃべっているだけなのに、なんでそんなに言われないといけないんだ――と心の中で思っていた。

転機は大学に入ってから。ロックバンドを組んだ。ボーカルを担当した。僕の「でかい声」は受けた。(仲間内限定だったけどね。)
「めっちゃ声量あるな」と指摘されたとき、僕は自分の地声の大きさが、人生で初めて嬉しく感じた。

好きなだけの、ありったけの声で歌っていいんだとわかった。バンド仲間に限っては、僕の声を「うるさい」と言ってくる奴は一人もいなかった。
決して上手くはなかったけど、バンドの人気も何にもなかったけど、歌うのが楽しかった。

大学内にはバンド仲間ではない友人もいたけど、そっち方面では相変わらず「(声が)でかい」と言われてた。

けど、僕はもう縮こまるはなかった。だって、この声を「いい」と言ってくれる人たちがいたから、「声量、バリバリですね」と褒めてもくれる人がいたから。

笑って「ごめん。ごめん」と言っていられた。彼らにとってはいい迷惑な男だったかもしれなかったけど。

趣味で始めたゴスペルで、久しぶりに昔のような反応に出会った。
1本のマイクに向かって並んで歌っていたとき、僕のそばにいた人が、僕が声を出すたびにちらちらとこちらを見て顔をしかめるのだ。

その表情は間違いなくこう言っていた。「この人うるさい」って。

ボーカルが一人のバンドと違い、ゴスペルは言ってしまえばコーラスだ。複数人の歌声を重ねあう音楽だ。そんなゴスペルにおいて、僕の歌い方はひょっとしたら違うのかもしれない。周りの人に音量を合わせるということをするべき音楽なのかもしれないと思った。

なので、教えてくれていた先生に尋ねてみた。声の大きさを周りに合わせたほうがよいのか――と。

先生の答えは「それはしてはならない」だった。はっきりとそう言ってくれた。
先生曰く、「高い音が出る人がいるなら、それに合わせる。大きな声が出る人がいるなら、それに合わせる。そうすると結果として全体が上がる。だからそれはやってはいけない」と。

やっぱり、僕の声はこのままでいいんだと確信した。

『覆面系ノイズ』の第2話を見て、そんなこんなを思い出してしまったしだい。
ニノの声はモモを貫けるだろうか。ユズにはすまないが、僕はやっぱりニノの声はモモに届いてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年の初ツバメ

月曜日(4月17日)に今年初のツバメを見た。2016年のときは4月13日だった。

でも、妻によると「2、3週間前から飛んでた」んだとか。

昼間は基本的に会社から外へ出ないからなぁ。実はこれまでも、もっと早く飛んでいたのに違いない。
去年、もっと早く見かけた気がしたのは、見間違いではなかったに違いない。

だって、昼に外出したら飛び回ってたし。僕の知らない昼間の出来事――。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年の初ウグイス

3月25日の土曜日、うちの近くでウグイスが鳴いた。
昨年は3月8日だった。

2017年の初ウグイスだ。

もうすぐ3月は終わり。奴らも「いいかげんもう鳴かないといかんなあ」と思ったのか――。

なんて考えていたら、なんだこの寒さは?
「せっかく鳴いたのに……」って、奴らがへそを曲げなければいいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画『リストマニア』でベースを弾いているのは?

スカパーでやっていた『リストマニア』(1975)を見た。

知っている人は知っている――という手垢がついた表現をしたくてたまらなくなる映画だ。

監督は、これまた同じ表現が使いたくなるケン・ラッセル。より多くの人が知っているだろうと思うのは『トミー』の監督としてかな。
主演は、ロジャー・ダルトリー。ザ・フーのヴォーカリストね。

偉そうな言い方をしているけど、正直いって、『トミー』はずっと前にテレビでやっていたのを見たことがあるだけ。ザ・フーの曲もどうにか聞いたことがあるというぐらいしか知らない。
(海外ドラマ好きな人だったら一度ぐらいは聞いたことがあるかも。「CSI:科学捜査班」の主題歌が彼らの曲『フー・アー・ユー』、「CSIニューヨーク」のほうも彼らの曲だとか。)

僕は、リック・ウェイクマンのファンだったので彼のアルバムとして『リストマニア』を持っていたけど、映画自体はずっと見たことがなかった。
(リック・ウェイクマンなんて、もう知っている人の方が少ないよなぁ…… YES にいたキーボディスト。 YES って何? という人だって多いだろうし。)

映画のほうは僕の好みではなかった。『トミー』は面白かったのに……。

で、スタッフロールを見ていてびっくり――ベーシストとして Jack Bruce の文字が。

あの、ジャック・ブルース? 

あの――といってすぐわかる人は、やっぱりそんなに多くないかも。ちなみに、エリック・クラプトンが在籍していたクリームのベーシストね。

ほんまいかいな? と探してみたら、どうやらほんとのようだ。

映画やテレビ番組の膨大なデータが見られる IMDb のサイトで見つけた。

Lisztomania の Full Cast & Crew として Jack Bruce の名があり、そこのリンクをたどると、彼の情報がしっかり表示される。

まぁ、たぶんほんとなんだろうな。

いやあ、驚きだなあ。70年代に、あんなお下品でお馬鹿丸出しの映画の仕事をしていたのね。なんでまた?

なんてネット上をうろうろしていたら、日本語版ウィキの彼のページで「リンゴ・スター&ヒズ・オールスター・バンド」の文字を発見。

リンゴ・スターつながりか!?

実は、リンゴ・スターもリストマニアに出ているのだ。ちらっと出てますといった具合ではなく、それなりに長いセリフもある役。

リンゴ・スターというのは――もういいか。
なんかそんなのばっかりの話になっちゃったなぁ。古い映画だから仕方ないけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前時代的? なアサヒビール某工場

妻の知り合いの話。
アサヒビールの某工場でパートタイマーとして勤めることが決まったのだとか。

それで妻が聞いてきた話に驚いた。

その工場には、仕事をするときに着替えるちゃんとした仕事着があるのだけど、工場までの通勤時にジーンズの着用は禁止なんだそうな。

面接官いわく――社会人として恥ずかしくない恰好をしてきてください――だって。

なんじゃそりゃ!?

来たら着替えるんでしょ? だったら、ジーンズで来てもいいじゃないか。なんだよ。社会人として恥ずかしくない――って。

仕事場がお客さまと直に接する場所というなら、ジーンズはやめてくださいというのはなんとなくわかるけど……。

仕事場まで来るのにジーンズが社会人として恥ずかしい身なりだなんて誰が思うんだ?

着替えるのに――。

ジーンズ禁止――。

僕に言わせると、なんかバカらしい気がする。
そんなバカみたいなことを本気でやってしまう会社が作るビールを飲むのは、ちょっとやめようかな。

スーパードライが好きなんだけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«好きにすればいいんじゃないか。