リモートワークの機材が無いのよ。

コロナウィルス感染の騒ぎで、「マスクが無い」「アルコール消毒のシートやスプレーが無い」といった話をよく聞く。
近所の店舗でも、「入荷予定はありません」という張り紙を見るばかり。

「増産を依頼しています」という首相の答弁は聞いた。

それも必要だ。間違っていない。

同時に「リモートワークに必要な機材と工事の手配ができない」人たちもいるということを、政治家の皆さんには知って欲しい。

スピーカーフォンやWebカメラといった機材を買おうとしても「無い」のだ。
だって、ほしいという人が多いから。

うちの会社は、たまたまリモートワークを試験的に始めていたからネット環境も機材もそれなりにそろっていた。

それでも、まだ会議室に人が集まれたころに、スピーカーフォンを追加でネット購入しようとしたら、買えなかった。
ショップから「2ヶ月待ち」と知らせがきた。いろんなネットショップを探しても「入荷予定なし」の表記が見つかるばかり。

モバイルWi-Fiでネットを使っていた人は、データ量の上限にすぐに達するのが不便で、家に光回線を入れようとしたら、工事がすぐには無理だとか。

政治家も識者といわれる方たちも、そういうところを指摘している人を僕は見たことがない。

この時期にリモートワークの実施率が低いと指摘されてもなあ。環境が整わなければ、やりたくてもできないでしょうが。

リモートワークをしたくても、いろんな事情ですぐには無理という人たちもいるだろう。

でも、その気になれば今日から始められるという人たちでも「機材がない」、「工事が間に合わない」人たちもいるはず。
そこのところを国を動かす人たちは知っているのか。

| | コメント (0)

「テレカン」って言われれると……

コロナウィルス感染騒ぎで、オンラインでの打ち合わせが増えた。

ビデオ会議とかWebミーティングとか言ってるけど、なかには「ズームでやりましょう」とか「ハングアウトで」とかアプリの呼称を使うときもある。

でだ。このあいだ、言われてちょっとイラッとしたのが「テレカン」。
「テレカンで、けっこう仕切れてましたよね」とか。

なんだろう。理由はよくわからない。なんか、イラッとするのだ。

略し方が、「気取った業界人」風だからかな。

ここ最近「テレカン」って言ったことがある人がここを見たら、僕のことを「これ書いたのあの人かな?」とか思ったりして……。

いいよ。それで。思われても。

「テレカン」だと? なんだそれは?! ビリケンさんに謝れ!

「テレカン」と「ビリケン」ってなんか似てない?
これが言いたかっただけなの。ぼやいてごめんね。

| | コメント (0)

Spotify の策略

妻が iPhone で音楽を楽しむために Spotify を使っている。無料プランで。

無料なものだから、曲の合間にたまに「有料プラン」をやたら推してくるCMを挟んでくる。
運転中に、iPhoneをBluetoothでつないで、音を流しているので、CM動画は僕は見たことがない。

Spotify Premium というやつなのだけど、このCMが、音だけ聞いていても文字では説明できないぐらいにうっとうしい。

まあ、怒るようなものではなくて、ちょっと苦笑いしてしまううっとうしさなのだけど。

でもこれは、Spotify の策略だと僕は思っている。
「これ鬱陶しいでしょう。こういうのが無くなるんです。だからプレミアムはいかが」的な。

ところが、世の中は広いもので、あのうっとうしいCMを意外に楽しんでいる人たちもいる。

CMに登場する人物たちのうっとうしさ全開のやりとりに「そんなことするか!」とか「なんでやねん!」とツッコムのが楽しいらしい。
(なぜか、こういうときは関西弁の方が絵になる……と僕は思う。)

あのCMをまだ聞いたことがない人は、一度 Spotify を試してみてほしい。
アップグレードしなければ、ずっと無料だ。

さて、あなたの感想はいかがか?
などと、Spotify を勧めていること自体が、すでに術中なのかも……。

| | コメント (0)

2020年の初ツバメ

今日(4月1日)、今年の初ツバメを見た。
昨年、ツバメを見たのは4月6日だった。

昨年、「このあたりでは4月3日ぐらいがツバメのシーズン始まり」なんて書いたけど、まあ今年も例年通りといってよい到来だ。

実は、3月27日にツバメを見た気はしていた。
「一瞬視界を横切った影がツバメに思えた」というだけだったけどね。

「平成」時代に生まれたツバメたちだ。

「令和」の国にようこそ。
コロナウィルスで、世界は大変なことになっていますが、あなたたちはお元気ですか。

僕らの国では、本来なら社会に出る新しい人たちが、今日は自宅でそのときを迎えたりしています。

吉報をもたらすといわれてるあなたたちへ。
世界にも、この国にも、どうかその吉をわけていただけますように。

| | コメント (0)

ビデオ会議での留意点の共有

この記事は自分用の覚書です。

S.Y さん。

ビデオ会議をやってみて、気がついた点の共有です。

・拠点A(社内)
スピーカーフォン(OfficeCore M1)の周りに7名。それぞれPCの前で着座。
スピーカーフォンは別途1台のPCに接続。

・拠点B(自宅)
PCの前に1人。

・拠点C(店舗)
PCの前に1人

・拠点D(社内)
同じ室内に2人。それぞれPCの前で着座。

Onlinemeeting_20200331092601

留意点

・スピーカーフォンを使う場合、スピーカーフォンだけが音を集めて、音を出している状態にする。
・発言しないときは、マイクをミュートしておく。
・アプリのミュートとミュート解除だけでなく、PCのマイクとスピーカーも確認する。
・同じ室内でいるときは、イヤホンを使う。
・話し方もけっこう大切。

・スピーカーフォンだけが音を集めて、音を出している状態にする。

ビデオ会議をしながら調べ物をしたり、データを共有したりするので、会議に参加している全員がそれぞれの場所でPCの前に着座していました。
拠点AではWebカメラを使っていますが、その他の場所ではPCに内臓のカメラで各自映っていました。

また、拠点Aでは1台のPCにスピーカーフォンをつないでいました。

この場合、拠点Aでは、各自のPCのマイクとスピーカーを「オフ」にしておかないとハウリングします。
Webカメラに内蔵マイクがついていたら、もちろんそれも「オフ」です。

スピーカーフォン以外の機器が音を出していると、それをスピーカーフォンがひろうので。ぐるぐる回ってハウリングの原因になるようです。

・発言しないときは、マイクをミュートしておく。

これは拠点BとCのような場合ですね。
その人がいる周囲の音もPCのマイクはひろいます。それが他の全員のスピーカー(拠点Aでは1台のスピーカーフォンですが)から聞こえるので、そのときに話している人の声を妨げる場合があります。

・アプリのミュート、ミュート解除だけでなく、PCのマイクとスピーカーも確認する。

Zoom や Hangouts Meet でのミュートやミュート解除が、PCのハードウェアと連動しないことが起こりました。理由はわかりません。
「音を切っておく」や「音がでない」といった場合は、PCのマイクとスピーカーもオフやオンになっているかの確認もしたほうがよいと思います。
MacBook なら「システム環境設定」の「サウンド」。Windows なら「コントロールパネル」の「サウンド」です。

・同じ室内でいるときは、イヤホンを使う。

拠点Dではスピーカフォンを使っていません。
約3m×4m ほどの室内に2人いて、それぞれにPCでビデオ会議に参加していました。2人の距離は、間に普通の事務机とその横に袖机が1つあるぐらいでした。

この場合は、互いのPCが音を出さないようにイヤフォンをしておかないとハウリングしました。

マイクは各PCのものを使っていて問題はありませんでしたが、距離が近いので互いが発言する声が気になる人は気になると思います。
そういう場合は、可能なら1人が別の部屋に移動するしかないですね。もちろん、その場合はイヤフォンは不要です。

また、拠点Aでビデオ会議中に各自がPCを使うことが多いのなら、今後はスピーカーフォンをやめて全員がイヤホンとPC内蔵マイクを使った方が、他の拠点での声の聞こえがよいだろうと思いました。

ただし、スピーカーフォンとイヤホンでは、同じ時間の会話でも後者のほうが疲れるという人もいました。
そういうことも考慮すると、やはりスピーカーフォンが正解かなという気もしますね。

・話し方もけっこう大切。

特に拠点Aのような場合ですね。

スピーカーフォンで声をひろっているとき、発言している人の声を相手が聞きやすいやかどうかには、声の出し方もけっこう影響があるようです。

話始めから話終わるまで、同じ声の大きさで話していないと聞きづらいです。

たまに、最初はそれなりの声の音量でも、話の終わりに近づくにつれて小さくなっていて、最後は口のなかでぼそぼそというような話し方をする人がいますが、そういう声の出し方は、とても聞き取りづらくなります。

声が低い人も聞こえづらいです。
声が低い人は、ちょっと意識して高めの声を出すと聞こえやすいようです。

また、そもそも声が小さい人も聞き取りづらいです。
ビデオ会議では、意識して少し大きい声で話すのがよいようです。

特に拠点Aのような場所だと、そこにいっしょにいる人たちに向かって話す話し方をしてしまいがちです。
そういう声の出し方では、その場にいる人たちには聞き取れても、スピーカーフォンより向こうにいる人たちには聞こえづらくなることがあります。

そういうことも意識しながら話すのが大事だなと感じました。

| | コメント (0)

«Google Apps Script で複数の人たちに1人ずつメール送信